緑色の憎いヤツ

投稿日:2014年5月28日


みなさんこんにちは。

 

 

 

早いもので今年も五ヶ月が過ぎ、長袖と半袖の両方が朝に夕に活躍する、過ごしやすくも短い季節になってきました。

 

季節の移ろいと共にケアステーション暖玄関前に供えてある花壇、そこを彩る植物もまた変化していきます。

 

残寒残るつい先日までは、パンジーやビオラなど、その可憐な見た目とは裏腹に今年の大雪を乗り切るほどの強さを見せた花々が主役でした。

 

そして5月。

 

見目麗しい花々からバトンタッチ、来る夏に向けて、今年もあの野菜の出番がやってきました。

 

そう、ゴーヤです。

 

いまや緑のカーテンとして異常熱波から地域住民を守る傍ら、ゴーヤチャンプルーやおひたしなど食卓に一品、グリーンの彩を加える食材としてもすっかりここ神奈川に定着しています。

 

苗をプランターに植え替えたのがつい先日。ところがすでに、ネットめがけてツタが伸び絡み付いていました。目が付いているわけでもないのに、正確にネット方向へ向けてツタが伸びるのは、いったいどういうわけなのか。植物の持つ不思議な知性にびっくりです。

 

 

いずれにしても今年のゴーヤ、やる気と才能は申し分ないようです。

 

今夏共に乗り切ろうぞとさっそく追肥をし、来る猛暑に備えは万全。

 

今はまだ小さなゴーヤの苗を見ながらも、「どう料理してやろうかしら」と考えていることありありにお客様の目が輝いていたのは、言うまでもありません。