今年もやります! 相模原産新鮮採れたて野菜!

投稿日:2015年5月1日


ブログをご覧の皆様、こんにちは。

 

 

 

 

 

 

 

 

前回の更新から二ヶ月ほど。

 

 

 

 

二月に比べればすっかりと日差しも暖かくなり、どころか1年ぶりに夏の暑さを思い出させてくれるような熱射が降り注ぐ連休直前のこの頃。

 

 

 

 

 

 

じきにカレンダーも五月になろうかという四月の終わりに、お客様から、

 

 

 

 

 

「今年も採れたて野菜、期待してます」

 

 

 

 

 

との声をいただきました。

 

 

 

 

 

 

お客様の期待には全力でこたえるのがモットーのケアステーション暖です。

(とはいえ、時期的にタネでは少し遅いだろうから、今年は苗から植えようと具体的な計画は立てていたのですが)

 

 

 

 

 

 

これまでケアステーション暖ブログをご覧になって下さっている方々にはおなじみの、畑。

 

 

 

 

 

 

 

お客様からの声にも促され、今年もガッツリ作付けるぞと、5月1日の今日、手の空いたスタッフプラスアルファで隊列組んで暖の近くにある市民農園まで赴いてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、妙に畑とマッチするこのシルエット。これだけでこの人がダレだか分かった方は相当のブログ通であるといえるでしょう。

それでは突然ですが、ここで問題です。いままで度々活躍されているこの方の通称を、10秒以内にお答えていただきたいと思います。

 

 

 

 

 

 ・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは正解の発表です。

 

毎年食欲の秋が巡ってくるたびにサンマと共にケアステーション暖を訪れ、見事な火起こしに始まり包丁とぎまでこなす、サンマ焼きのプロ、(http://hachifuku.com/1759.htmlなど参照)その人でした!

 

※ちなみに、当ウェブサイトの右上、虫眼鏡マークをクリックして語句を入力すれば、ウェブ内を検索することができます。ぜひ「プロ」、「主婦連」などで検索してみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、この人は本来農林関係者ではなく、畑作業の専門家というわけでも決してないのですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

畑にたたずむその姿は、ごく自然に溶け込んで調和しています。

どこからどう見ても農園の管理者、或いはアドバイザーとして雇われたその道30年のプロといった風格です。

 

 

 

 

 

畑作業の専門家ではない、といったそばから訂正しますが、ものの五分でここまで開墾が済んでしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

サンマ焼きのプロ = 農業のプロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いささか理解に苦しむ等式が頭の中に出来上がってしまった瞬間です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見る間に添え木(と呼べばいいのでしょうか)が満遍なく打ち込まれ、と思っていたら苗が次々と植わっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

これには写真担当のスタッフAもびっくり。

 

 

 

 

 

なにせ、ものの10数枚の写真を取っている間、それは時間にして5分ほどでしょうか、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さっき開墾を始めたばかりだった土地が、もはや畑に変わっているのですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロにばっかり任せてられないゼ、俺だって土いじりには自信があるんだ!

 

 

 

 

 

 

たまらず土の上に飛び出してきたこの人物。そう、我々は確かにこの人物を知っています!

 

 

 

 

 

畑作業には必ず参加し、その特殊な血統を存分に発揮、土上(土壌にかけてます)のポテンシャルなら誰にも負けないと自負するこの青年は一体、ダレでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてそれでは二問目の正解発表です。

 

 

「俺が支える! 日本の胃袋!」 が決め台詞のナイスガイ!

米屋の遺伝子を受け継ぐ男、スタッフBその人でした。

(http://hachifuku.com/1403.htmlなど参照)

 

 

 

 

 

 

 

 

優しくいたわるように、苗と添え木を結び付けていくスタッフB。

 

 

 

 

 

以前には見られなかった、植物たちに対する慈愛の立ち振る舞いは、彼がもはや一端の米屋になった証左でもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おっ、スタッフB、オマエさんもスコップ捌きが様になってきたじゃねぇか!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふふっ、プロさんの植え付けも相変わらず見事ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなやり取りが聞こえてきそうな、新旧その道のタツジンによる夢のコラボが実現しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

過去から未来、受け継がれていく職人の魂。

 

 

 

 

 

 

そんな空間に割ってはいる、ひとつの影。

 

 

 

 

かがみこんで土を盛るこの人物・・・

 

 

 

 

 

 

 

この人物も実はいままでに何回も、ブログに登場しています。

さて今日も最後の問題になりました。ラストクイズはなんと得点が3倍になりますので、張り切って予想してください。

ヒントは忘年会! さぁシンキングタイムスタート!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは最後の答え合わせです。

 

 

 

忘年会などの大規模イベントにおいて必ず登場し、昭和のお父さんがぶら下げるお土産の寿司折よろしく、毎回多大な食材提供をしては去っていく、彼の人物。

 

 

 

 

 

そう、社長です(http://hachifuku.com/1895.htmlなど参照)。

 

 

 

 

 

 

そう、社長です。って何か言っていることがおかしい気もしますが、なんのなんの。畑に現れて土をいじっている人物が社長と言うのも、ケアステーション暖らしいと言えるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

それにしても、

 

 

 

 

 

 

 

 

~Saury Grilled professional~ 

 「サンマ焼きのプロ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~Those who inherit the gene of rice shop~ 

     「米屋の遺伝子を継ぐもの」

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~President “~ 

 「社長」

 

 

 

 

 

 

 

期せずして三者が終結した市民農園。通称・肩書きを英語に訳することで、ハリウッド映画的雰囲気が一気に加速します。

 

 

 

 

 

 

 

畑から先史文明の遺跡が発掘されるのか!

はたまた農作業中クモにかまれたスタッフBが特殊な能力に目覚めるのか!!

それともプロが振り下ろすクワの一撃と共に、突如上空に現れたUFOから破壊光線が発射されて一帯が焦土と化すのか!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなスタッフAの妄想はさておき、地道な畑作業が続きます。

 

 

 

 

 

スタッフBが遠くはなれた水場から水を運び、撒き。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロが大胆に肥料を散布。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして社長が土を盛る、ケアステーション暖の総力を結集した畑には、およそ70株に及ぶ作物がしっかりと根を下ろしたのでした。

 

 

 

 

 

トマト、ピーマン、ナス、キュウリなどなど、その種類も多岐にわたり、いまから収穫が楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、もちろんこれで終わりではありません。

 

 

 

 

 

定期的な水遣り、剪定、追肥料などなど、むしろ農作業はこれからが本番です。

 

 

 

 

 

 

 

しかし彼らなら、きっとその大役を果たし、必ずやお客様の下へ数多の新鮮野菜を届けてくれることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年はどんな野菜でどんな料理を作るか・・・ いまから楽しみね!

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな主婦連の声が、いまから聞こえてくるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

それではまた!