端午の節句に肉料理

投稿日:2015年5月6日


ブログをご覧の皆様、こんにちは。

 

 

 

 

 

さて、年中行事の一つである端午の節句を前に、ケアステーション暖をご利用されているお客様のなかでもとりわけ食に深い関心と造詣を持つ方々、すなわち主婦連の皆様の情熱は、ようやく迎えた春の陽気とともに上昇の一途を辿っておりました。

 

 

 

 

 

 

 

ようやく暖かくなったんだから、美味しいものを食べたいわよね!

 

 

 

 

 

 

そんな日常会話のなかからの一言に対しあちこちから賛同の声があがり、遂にはイベント開催が決定されるいつもの光景です。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに主婦連にとっての「暖かくなったから」は「食べ物」にかかる枕詞みたいなもので、暑くなろうが寒くなろうが、雪が降ったとしても、「だから美味しいものが食べたいわよね」というワンセットで用いられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間食べられなくなっちゃオシマイよ。は生の核心・本質をついた名言であり、介護に携わる一員として私も常に肝に銘じている事でもあります。腹が減ったら戦はできませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のメニューは、端午の節句ということでお祝いメニューの定番、「太巻き」と、

 

 

 

 

近々入院することが決まり、前もって体力をつけておきたいからと、この頃は昼間からアマゾーン並みに肉を頬張っていたA様からのリクエストにより、「きのこハンバーグ」。

 

 

 

 

 

 

 

 

それではさっそく作っていただきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひき肉をこねて、みじん切りにしたタマネギを入れて、スタッフが供出したニンニクをいれて、一人前ずつ成型していきます。

 

 

 

 

 

丸い塊をすぐ手にとって、パシーンパシーンと両手の間をすばやく往復させると、あっという間に空気が抜けると言う寸法です。

 

 

 

 

 

しばし、ケアステーション暖のなかにパシーンパシーンと小気味良い音が響きます。

 

 

 

 

 

 

 

並行して太巻きに入れるカンピョウとシイタケを煮ます。

アルミホイルを鍋蓋サイズにカット、穴を開けて即席落し蓋をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

ハンバーグを焼くかたわらでかんぴょうが煮え、和と洋の香りが渾然となるかたわら、B様は静かに見守って下さっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太巻き用の寿司飯を作成。

 

 

 

 

こちらはこんなお料理も作るんですねぇ

 

 

 

 

 

と先日新しく入られたC様もお手伝い下さり、件のA様と共に協力してどんどん作業が進みます。

主婦連期待の新戦力、その素質はバッチリだと言えましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、いつもは颯爽と料理をこなすD様。なにやら手つきがぎこちない様子。

 

 

 

 

いやほら、うちって男ばっかりじゃない、こんな綺麗な巻き寿司なんて作ったことないのよ。おにぎりとかで十分だったからさ、ほら。

 

 

 

 

 

しどろもどろに弁解するD様。

 

 

なるほど、ご家庭の事情により、盲点のように抜け落ちたレシピも僅かにあるということですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

苦戦中のD様の横では、ハンバーグに乗せるきのこソースを作成しています。

 

 

 

 

 

 

 

なによDさん、巻き寿司巻いたことないの! 意外だ!

 

 

 

 

 

ときのこを炒めながら追い打つA様。

 

 

 

 

 

いやー、人生80年を過ぎて初めての出来事も貴重だよね、何事もやってみなければ分からないんだなぁ。

 

 

 

 

 

 

一生懸命というのはこういう様子を示すのだな、と見ているスタッフが感心するほど巻き寿司に取り組むD様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

鍛錬の一方では、遂に出来上がったきのこのソースも上からたっぷりかけて、A様お手製のきのこハンバーグが完成しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、D様の鍛錬の結果、大量に生産された巻き寿司は、本日おかわり自由となりました。

 

 

 

 

 

おかわり自由・・・ そんなシステムがあるんですね・・・と感慨深げに呟く新戦力C様。

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ沢山作りすぎただけともいえず、そうでしょう、太っ腹でしょうここは! とあわててごまかしていたD様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、久しぶりの食事イベント紹介でしたが、いかがでしたでしょうか。

 

 

 

 

 

実のところ食事イベントは相変わらずほぼ毎週のペースで開催されているのですが、あんまり料理の様子ばかりリポートしていたのでは、デイサービスなのか食堂なのか分からなくなるということで、その他のイベント紹介に紙面を費やしていました。

 

 

 

 

 

 

 

今後はまた、定期的に食事イベントの様子もご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、イベントも終了し、皆様無事ご帰宅された後のこと。

 

 

 

 

 

 

ケアステーション暖事務所に、D様より電話がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

すわ忘れ物でもあったのかと焦ったスタッフでしたが、

 

 

 

 

 

 

今日は巻き寿司に梃子摺ちゃってごめんね~

今度は前もって練習して、バッチリできたヤツを○○ちゃん(スタッフのことです)にご馳走するから、期待しててね!

 

 

 

 

 

 

なんとまぁ、どこまでも真っ直ぐで気風の良い男前のD様なのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

こういうところ、ぜひ私も見習いたいものですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それではまた!