新サービス! 屋根のない送迎車!?

投稿日:2015年6月10日


ブログをご覧の皆様、こんにちは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、唐突ですが、いまケアステーション暖をご利用されているお客様の多くが昭和の生まれです。

 

 

 

 

 

 

 

 

昭和一桁の頃に生を受け、戦中戦後の大混乱期に思春期真っ只中という方も少なくありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食糧難を体験し、B29爆撃すら弾き返してきた方々、自然と我慢、忍耐の類が身につきます。

時代もそれを要請し奨励していました。

 

 

 

 

 

 

当時を述懐し、灰色の青春だったわ、などとシミジミ語ってくださるのもまた、貴重な証言です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

灰色の青春を超えて妙齢となった後も、もう一つの戦争とも言われる高度経済成長期の激流が、今度はお客様の暮らしを飲み込んだといいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

拾ってやるから、からだ一つで嫁にきな!

 

 

 

 

 

 

 

いつの時代のどこの国だと耳を疑うこの台詞、これはお客様の1人が笑いながら語ってくれた、だんな様のプロポーズ(?)の台詞だったといいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

身寄りもなかったし、そんな言葉でも嬉しかったよ! と、それこそ満面の笑みで教えてくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

そう、皆様、忍耐の徒。

 

 

 

 

 

 

「遊び」などという概念からは切り離され、華美とは無縁の歴史を今にいたるまで実直一途で貫いてきた人生。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかししかし。

手に届かない理想に抱く感情を「憧れ」と呼ぶことからも分かるように、無縁であるものにこそ、むしろ憧憬の感を強く覚えるものではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

憧憬の対象としてひとつ、真っ赤なオープンカーが挙げられます。

 

 

 

 

 

 

 

映画スターやドラマの主人公が、助手席に美女を乗せて走らせる車といえば、真っ赤なオープンカーこそふさわしいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時の娯楽といえば、映画が最大勢力。

便所の臭気に耐えながら、ノシイカを頬張って眺めるスクリーンの中の映画スターは、決まってオープンカーに乗っていたといいます。

 

 

 

 

 

 

 

一方は臭気とノシイカ、一方は使用人に傅かれた豪華ディナー。

この落差は、憧れの感情をより一層強くしたのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一度でいいから、ピカピカの真っ赤なオープンカーに乗ってみたい・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような想いを抱いているご高齢者は、実は多いのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、A様のように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてこのたび、ケアステーション暖のスタッフが車を乗りかえました。

 

 

 

 

 

 

 

 

新しく購入した車は、まさかの実用性度外視、二人乗りの真っ赤なオープンカー。

 

 

 

 

 

 

 

 

そうです。

奇しくもA様長年の憧れが、手を伸ばせば届く距離にあるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして今日。

たまたまA様方面在住のお客様が他にいなかったため、念願のオープンカー送迎が可能となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運転席にはオーナーであるスタッフ。

 

 

 

そしてその横では、いささか緊張しながら助手席に乗り込むA様。

 

 

 

・・・と思ったら、シート半分に座った時点で深呼吸を始めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あー、緊張する!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普段どちらかといえばクールなA様ですが、そうとうテンぱっていますね。

憧れのスターと対面するファンの心理そのままといえましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして社長がシートベルトをしっかりと装着・確認します。

 

 

 

 

 

 

Aさん、よい旅を!

 

 

 

 

 

 

 

機知(エスプリ)を利かせた見送りのひとことで、いつもの帰り道もまた違ったものに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せっかくの晴れ姿、ここぞとばかりにスタッフも写真を撮りまくりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもだったら

「こんな顔撮らないでいいよ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

などと照れ隠しの憎まれ口をたたくのがA様の常ですが、このときばかりは素直に撮らせて下さいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気分は正に映画の一場面、グラビア撮影の被写体といったところでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ出発です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うわぁ~~~

動いたうごいた!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

音が凄い大きい! あ、オープンだから!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普段クールだったはずのA様も、子どものようにはしゃいでいます。

憧れのスターと対面したファンの心理そのままといえましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

永年の憧れ。

しかしいま、憧れは憧れでなくなり、手が届く現実となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もはや言葉はいりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、風になるのみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

d(∀)グッ

 

 

(この画像のみ、クリックで画像が超拡大されます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意気も高く、真っ直ぐに頭上へ振り挙げた2人の手の間を、重い排気音とガソリン混じりの風がすかさず吹き抜けていった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逢魔が時の中を少しずつ遠ざかっていくその重低音が、徐々に小さく、そして遂に聴こえなくなるまで、私は見送った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、歳の差著しいナゾの女性二人組みレーサーが、世界各地の有名レースに出没し、表彰台を独占したというが、それはまた別のお話である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~ FIN ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エピローグ

 

 

帰りの道すがら、A様の喜びようといったらなく、信号待ちでは見知らぬ通行人に手を振り、車から降りるときにはハリウッドスターのように颯爽と降り立ち、玄関先に消えていったといいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとつなるほどと思ったのは、オープンカーとは映画の登場人物が載る車、という以上に、天皇・皇后両陛下が婚礼の際に乗っていた車、というイメージがより強いようで、車中

 

 

 

 

皇后陛下になった気分だわ

 

 

 

 

と感慨深げに呟かれていました。

 

 

 

 

 

 

 

皇后陛下に映画スター

 

 

 

 

 

 

これ以上ない一挙両得だったわけですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のグラビア撮影では150枚以上の写真を撮り、その中のベストショットをA4サイズフルカラーで現像しました。

 

 

 

 

 

 

 

今度のA様のご利用日に、お渡ししたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

そのときの反応が今から楽しみで、口元が緩むスタッフ一同です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それではまた!