土用サプライズ!

投稿日:2015年7月25日


ブログをご覧の皆様、こんにちは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ケアステーション暖ももうじき開設から丸四年を迎えます。

 

 

 

 

 

年中行事も回数を重ね今年はそれぞれ4回目ということになりますが、土用の丑の日はある意味で他の行事とは一線を画すものとなっています。

 

 

 

 

 

 

というのも、通常行事を執り行う際には事前にお客様にお知らせし周知を徹底した上での開催ですが、丑の日に限ってはサプライズ的演出を毎年行っています。

 

 

 

 

 

 

なんの期待もせずにご飯の蓋を開けたらアラ素敵! 美味しそうなウナギが乗っかっているじゃない!

 

 

 

 

 

というシンプルながらも効果の大きい演出です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とはいえ、4回目ともなれば「何も言わなくても、ウナギを用意してくれているのではないか」という期待がお客様に見え隠れ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「自分の誕生日当日にソワソワしながら祝われるのを待つ人」あるいは、「バレンタインで無駄に緊張しながら廊下を歩いている人」さながらに、何となく落ち着きのない午前中。

 

 

こういう状態を、腰が浮いているとでも言うのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフも細心の注意を払い、別室にて配達されたお弁当のご飯を運び込みウナギを封入、タレ投入といったサプライズを演出するための地道な作業を行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は張り切って奮発、ご飯からはみださんばかりの大物を用意しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

封入終了。

よもや中にウナギが隠れているとは夢にも思うまい。フッフッフ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無事封入作業を追え、別室から弁当箱を小脇に、口笛を吹きながら何気なくそぞろ歩いている風を装って出て来たスタッフの白々しさといったら大概ですが、一方お客様も、そんなスタッフを一定量気にしながらも極力視線を送らないようにしているのが何とはなしに察せられ、両者の間の意思交錯は正に心理戦と呼ぶにふさわしいものでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな、お客様にもスタッフにも、微妙な緊張感漂う午前中。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時はじきに真昼九ツ(正午12時)を迎えようというタイミング。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時は満ちた、とばかりにポツリと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「そろそろお腹がすいたわね」

 

 

 

 

 

 

の一声。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今まで我慢してこらえてきたものが堰を切ってあふれ出すように、方々から空腹の訴えが追従します。

 

 

 

 

 

 

 

「そうそう、今日はなんだかお腹がすくわね!」

 

 

「ほらやっぱり暑い日だから! 体が美味しいものを欲しがってるんだよ!」

 

 

「やっぱりこの時期は精をつけなくちゃね!」

 

 

 

 

 

 

 

 

はい皆様ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これにて「流れ」が整い、次のステップを非常に踏み出しやすくなりました。正に阿吽の呼吸というやつです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さぁそれでは皆さん、お食事にしましょう!

暖かいうちにどうぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも、先刻から明らかに芳ばしい香りが漂っていることからも、大体は察せられていたとは思います。

 

 

 

 

 

ウナギは煙を食べさせるもの、なんて言いますしね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでもやっぱり蓋を取ったときの感動は、毎年変わらないものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うわぁ~ やった! やっぱりウナギだったぁ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、「やっぱり」って言っちゃった・・・

ま、まぁサプライズ成功としておきましょう、お互いのタメに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、最新ニュースでもお知らせしたとおり、最近1日の利用定員が10名から14名に変更となりました。

土用の丑の日に当たり、より多くのお客様にウナギを食べていただくことができ、スタッフとしても大変嬉しい限りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

閑話休題。

ウナギの食べ方は人それぞれです。

真っ先にウナギだけを食べて後はタレのご飯の堪能される方もいらっしゃる一方、このように外堀から埋めていく食べ方もあります。

 

 

 

 

 

 

 

Bさん、あまり見たことない食べ方ですけど。

 

 

 

 

 

 

「私は昔からこの食べ方。周りから食べていって、段々好物に近づいていく感じが好きなのよ」

 

 

 

 

 

 

なるほど、顔ほどもある巨大なおにぎりの真ん中に、ただひとつ埋まっている梅干に到達するのが楽しみで必死に食べ進める、という話を目にしたことがありますが、そのようなものですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、精のつくものを食べた後は力がみなぎるもの。

その後執り行われたリハビリ体操ですが、通常ならスタッフが

 

 

 

 

 

 

 

 

「20回行います!」と宣言すると

 

 

 

 

 

「「「ええー、その半分でいいよー」」」

 

 

 

 

などと回数の割引交渉をされてくるのがお決まりですが、今日に限っては

 

 

 

 

「20なんてすぐだよ、その倍やろう!」

 

 

 

 

割引どころか太っ腹に倍払いまで提案してくるほど。

 

 

 

 

最終的に指導役であるスタッフの方が先に疲れてギブアップしてしまうという、普段の体操との逆転現象が起こったのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウナギ、恐るべし!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、今年も土用サプライズ大成功!!!? となった土用の丑の日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと言っても今年の夏は例年以上の異常熱波だという予報もあります。

 

 

 

 

 

 

 

美味しいうなぎで暑さに負けず、元気にケアステーション暖に通っていただき、このひと夏を乗り切っていただければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

それではまた!