料理は見た目が9割!? 清涼&スタミナメニュー!

投稿日:2015年8月2日


ブログをご覧の皆様、こんにちは。

 

 

 

 

 

 

異常熱波が日本全土を覆っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おっとととっ、あまりの暑さに私もキーボードをたたく手もつい止まりがちです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

辛抱することにかけては折り紙つきのお客様の中からも、昼の暑さにやられ、夜は蒸し暑く眠れず、と夏に対する怨嗟の声が続々と聞こえてくるほど、今年の夏の始まりは、容赦がありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもはイベントなどで料理を作ったあとに体操を行い、カラオケで熱唱したと思えば脳トレに勤しみつつ、サイコロを振って博徒にもなるなど、いったいどこにそんな元気がしまってあるんだろう、とスタッフが首をひねるほどの活気を見せるお客様方ですが、このところは数名からチラホラと「自分夏バテですから」発言が聞かれてきました。

 

 

 

 

 

 

あくまで自己申告なのですが、しかしこれは由々しき事態です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

丁度いい具合にケアステーション暖の農園では夏野菜が巨大化しています。

人間を苦しめる炎天も、植物にとっては成長の原動力、であるならば、太陽のエネルギーを身に蓄えた野菜を食べることで、今年の夏を乗り切ろう!

 

 

 

 

 

 

 

 

平たく言えば、まずはスタミナがつく料理を食べないと、どんどんへばってしまうから最初に作って早いうちに食べよう!

 

 

 

 

 

 

 

 

そして偶然にも今日は8月生まれのA様の誕生日でもあるので、誕生会も一緒に行おう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

様々に理由付けをしましたが、兎にも角にも、夏を乗り切るための料理をつくることにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さしあたり、今日の料理で使う分はこれくらいです。

 

 

 

 

 

 

ナスは農園で、ゴーヤはケアステーション暖の前においてあるプランターからの収穫です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このほかにも、巨大キュウリや超長ナス、ミニトマト沢山、などなど収穫祭を行いたいくらいの恵みを得ました。

 

 

 

 

それら野菜のご登場はまたいずれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お店ではあまり見かけない白ゴーヤです。

ウドのように日陰で育てたからこんな色になったわけではなく、こういう品種で昔からあったそう。

しかし緑が濃いほうが何となく栄養があるよなぁ・・・と思うのが人の常らしく、白ゴーヤのほうがビタミンCが多いという論文もあるのですが、結局見た目が鮮やかなみどりの品種ばかりが流通するようになったとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、白いゴーヤの一番の利点は、好きな人は大好き、嫌いな人はもちろん大嫌いな、あの特有の苦味が薄いということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様の中にも、ここに来て初めてゴーヤを食べたという方も少なくありませんが、その苦味から敬遠する方も、確かにいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、通常のゴーヤのほかにも、苦手な方にも美味しく食べていただき、皆で夏を乗り切ろう! と今年は白ゴーヤもプランター栽培の一員に入れたのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なすです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・暑さにやられたのでしょう、普通に間違えました、ピーマンでしたすみません。

 

 

 

 

 

気を取り直して、唐辛子の一種であるピーマン。

 

 

 

 

 

 

ナスと並んで悪口に使われる野菜トップ3に入る(嘘です)この野菜ですが、ご高齢者に嬉しい、高血圧や動脈硬化に効果が期待でき、その上女性に嬉しい美肌効果、更には風邪予防までしてくれる憎いやつ。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして夏バテ防止の最重要要素、疲労回復効果まで持っており、中世の錬金術師・パラケルススが用いたという万能の霊薬、エリクサー並みの薬効ではありませんか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野菜という狭い枠の中に収めるのは、彼の器は大きすぎると判じざるを得ません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピーマ・・・ ナスデス。

 

 

 

 

 

 

 

 

このナスとて、ピーマンと並び悪口に使われる野菜の上位陣(重ねて言いますが冗談です)ではあるものの、やはり栄養価はたか・・・くもないみたいですねどうやら。

 

しかししかし、ピーマンにはない成分を含み、

 

 

 

 

 

ウム、やはりここの部分についてはナス君、きみにだけにしか任せられないな、

 

 

 

 

 

と上司に頼られるような無二の存在でもあります。

 

 

 

 

 

 

 

具体的には、惑星のような名前の「コリン」という機能成分は血圧を下げたりしてくれますし、

 

 

 

 

 

 

 

プロテアーゼインヒビターという舌をかみそうな成分は、炎症を沈め、痔を良くしてくれるという、名前の割に地味ながらも、絶大な効果を発揮するようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけで、コリンやらプロテアーゼインヒビター、エリクサー等々が多数含有された炒め物が出来上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

などと書くとものすごい栄養滋養があって一口食べたら元気100倍! どころか不老不死も約束されそうな印象です。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、やっぱりと言いましょうか、夏野菜を沢山含むこの料理を食べてからと言うもの、心なしか皆様お元気になられたように思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

あれだけ夏バテ夏バテ言っていたA様も、ナスの栄養成分暗記という脳トレにチャレンジして、見事成功したことからも、その効果は明らかではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏野菜も食べ元気が出てきたケアステーション暖ですが、スタミナ補給ばかりではいずれ夏の暑さにしてやられてしまうことでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、日を改め、今度は暑いさなかに「涼」を感じるための料理を作りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロテアーゼインヒビター!

 

 

 

 

 

先日覚えたナスの栄養成分を復唱しながら、ごぼうをスライサーでカットします。

 

 

 

 

 

 

 

 

最近握力が衰えてプロテアーゼインヒビター

 

 

 

 

 

 

包丁持つのも容易じゃないのよプロテアーゼインヒビター

 

 

 

 

 

 

ちょっとBちゃん、なんで笑ってるのよプロテアーゼインヒビター!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう完全に覚えたでしょうから、普通にしゃべってもらって大丈夫だと思いますよプロテアーゼインヒビター!

 

 

 

 

 

 

 

いつもは元気、そうじゃないときも空元気。のB様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一仕事終えた後、珍しく休憩タイムです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家にいると暑くて暑くて・・・ ちょっと夏バテ気味なのよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

珍しいこともあるものだ・・・ とスタッフ一同。

しかし、弱音を吐いていたと思ったらすぐさま立ち上がり、たちまちの内に豚汁をつくってくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつまでもタラタラやっちゃいらんないわよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とはB様談ですが、もはや涼とか必要としないくらい強く、夏ごときにはハナっから負けないような気がしないでもありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フライパンに油を投入、2,30秒熱したところで、プランター栽培の謹製ゴーヤ(緑)を一個だけ投入し、火の加減を伺います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オッケーb

 

 

 

 

 

 

すばやい動きでゴーヤに火を入れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてここからがB様の真骨頂。

 

 

 

この前のお好み焼きの際に余っていたサクラエビを加えると、特有の香気が広がります。

 

 

 

 

 

香りが出たところで卵を入れてやって、うまみも一緒に閉じ込めるのよ、と解説しながらの調理は、間近で3分間クッキングを見物しているかのようです。

 

 

 

 

 

さて、今日のメインですが、素麺です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言ってもただの素麺ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

いや、素麺自体は普通なのですが、それを彩る器に、ちょっと凝ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、皆様おつかれさまでした。

素麺も茹で上がりましたので早速いただきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あら~ 新しいガラスの器を買ったのね~

 

 

 

 

 

 

あらほんと、涼しげな器だこと。

 

 

 

 

 

 

 

素麺にはピッタリね~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と思い思いに手にとるお客様一同。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

瞬間、方々からカラスが首を絞められたかのような、ギャーという悲鳴があがります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こ、この器・・・ ガラスじゃないわ!

 

 

 

 

 

 

 

冷たい! こっ、氷なの!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、今回は涼を感じていただく為に氷の器に素麺を盛り付けてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらが今日のメニューとなります。

 

 

 

○農園謹製の野菜がたっぷり入った豚汁

 

 

○暖の目の前で取れたゴーヤを使った、芳ばしいスタミナ炒め物

 

 

そして、

○冷製そうめん~氷の器で~

 

 

 

 

 

 

ちなみに素麺はおかわり自由。ちょっとゆですぎました。

そして上にのっている大葉も暖でつい先ほど採ったもの、今流行の地産地消というやつです。

 

 

 

 

 

 

 

 

98年生きてきて、こんな素麺初めて!

 

 

 

 

 

ねぇー、なにか楽しいですよね、食べていて。

 

 

 

 

 

 

みなさま料理の中身より器で盛り上がっていますが、それはそうでしょう、これはインパクトありますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

おかわりは器ごと運ばれ、アイスクリームよろしく上部にドッキングします。

クリスタルのシャンデリアに盛って食べているようなビジュアルは非常に豪勢かつ新鮮です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なによりこの器の利点は、素麺を全方位から冷やし続けながら食べられるという点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私も通常の素麺を食べているときに常々感じていましたが、氷が乗っかっている麺の一部分だけが冷たく、その他の大部分が生ぬるいという具合で、レンジ温め失敗した弁当を食べているような奇妙な不快感。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、この氷の器でご相伴にあずかったスタッフB、全体が満遍なく冷やされた素麺は

 

 

 

 

 

 

「清☆涼!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

の一言。

全体の温度が変わるだけで全く違う食べ物になったみたいで、今までにない素麺体験となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の料理、豚汁もゴーヤの炒め物も美味しかったのですが、素麺のビジュアルインパクトが大きすぎて、皆様素麺の話題一色でした。

 

 

 

 

 

 

 

今まではそれこそ千変万化、創意工夫を凝らし多彩な料理をこしらえてきたものですが、器を工夫することでまた新しい料理の地平が顔をのぞかせた今回のイベントとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしそれももっとも、食事の際に感じる美味しさのうち、味覚はたった一パーセントに過ぎず、9割は視覚によって決まると言います。

 

 

 

 

 

 

 

ためしに目をつぶってダイコンとにんじんの細切りを口に入れても、どちらがどちらかほとんどわからなくなると言います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず~い料理も見た目がよければある程度美味しく食べられるというのはちょっと言いすぎでしょうが、ただでさえ美味しい料理の見た目も美しければ100%美味しいということになります。

 

 

 

 

 

 

今後は料理を彩る器や盛り合わせにも気を使ってみようと新たな境地を開拓した主婦連と、御付のスタッフ一同でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからまた暑い日が続く予報。

 

 

 

 

 

 

 

暑さに負けず今夏を乗り切るために、また涼味満点のイベントを開催したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それではまた!