栗ご飯で秋を先取り!

投稿日:2015年9月7日


ブログをご覧の皆様、こんにちは。

 

 

 

 

 

 

 

 

節気も立秋を軽く越え、処暑を経て今日7日は遂に白露。

 

 

 

 

 

 

 

それを越えれば秋分と、もはや名実共に秋の様相を呈してきたここ相模原のケアステーション暖。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時折思い出したかのように蒸し暑さがぶり返してきますが、もはやそれは去る夏の最後のあがき。

 

季節の流れの前では健気な抵抗というヤツです。

 

 

こうなると現金なもので、あの酷暑が何か懐かしく思い返されるばかりか、あまつさえ惜しみすらするのもまた、例年通りの人の営みなのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の夏もまた、色々なことがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年の終わりの忘年会

 

 

以前に忘年会で作ったチャンチャン焼き。

暑い夏に北海道料理で暑気払いと、完全に思いつき先行の企画でしたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何より見た目のインパクトが絶大なのがこの料理。

 

 

 

 

 

酷暑の折、食欲が落ち気味なお客様もいらっしゃいましたが、目で楽しめるこのチャンチャン焼きは意外と暑気払い用のスタミナ料理として有用なことが判明しました。

 

 

 

 

 

 

夏のチャンチャンということで、底一面にゴーヤが敷き詰められているのも重要なポイントでした。

 

縁の下の力持ちならぬゴーヤたちが、北海道料理を南国テイストにしてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年もケアステーション暖前のプランターではゴーヤが豊作でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

その成長速度は相変わらずマッハ。

強烈きわまる太陽光線を一身に受け、昨日と今日では明らかに大きさが違うのがハッキリとわかるほどでした。

 

 

 

 

採り尽くしても翌週には再び収穫ができる点も素晴らしく、土と水と太陽の光から、このような緑色のボツボツの塊がどんどんできるとはたいしたものだと、光合成というシステムの偉大さに感心するとともに、そのご相伴に、今年の夏もあずかった形となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏といえば、祭り。

 

 

 

 

橋本では七夕祭りが全国的にも有名ですが、町内会の祭りも、毎年大層盛り上がっております。

特に毎年お客様方が楽しみにしているのが、ケアステーション暖の前を通る子ども神輿です。

 

祭囃子の音が遠くから段々と近づいてくるのは、いつ聴いてもワクワクするものです。

 

 

 

 

ほら! 近づいてきたよ!

 

 

 

と皆様に急かされて外に出てみれば、グッドタイミング。

 

 

 

 

普段お淑やかな方も、賑やかな方はより元気に

ワッショイワッショイとみんなで声をはりあげれば、一同かついでもないのに汗だくです。

 

 

 

 

今年の夏もこれで終わりだね。

 

 

 

安堵したような、でもちょっと残念なような、複雑な声が挙がったものです。

こうして今年の夏も去り、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見てください、いよいよ秋になりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

秋といえば、栗。

 

 

 

 

 

この栗、言わずと知れた弊社社長が前日のうちに栗拾いで得てきたもの。

 

 

 

 

 

なんでもそこの農園の新記録、1人で16キロを採集したそうで、これが大食いチャレンジなら賞金プラス栗の木に記念写真が張り出されることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意外にも痛むのが早いのが栗。

新鮮なうちに皮を剥いて料理してしまうのが最良です。

今回作るのは、もちろん栗料理の定番、栗ご飯となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大粒なため、半分にしてからお釜に投入。

そして・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

炊き上がり! (この画像は高画質でお楽しみ下さい)

 

 

 

 

 

 

この30分前から室内には食欲の秋を象徴する馥郁たる香気が充溢しており、

夏バテから完全に食欲回復した皆様の、ご飯コールが賑やかでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「今日は早くご飯にしましょうか?」

 

 

 

 

 

 

 

とさりげなさを装う方や、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「もう9割炊けたでしょ! おなか空いたからもう食べちゃおう!」

 

 

 

 

 

 

と、まだ炊き上がっていないのにそれを承知で早飯を主張する方。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「・・・・・・」

 

 

 

 

 

腕を組み目を閉じ、ひたすら時間が経つのを待つ方。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

などなど、味覚の大部分を占める嗅覚をダイレクトアタックされてはたまりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、ねぇ。これですよ。これ。

辛抱たまらなくなるのも無理はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、昼食開始のお時間を5分ほど早め、栗ご飯の炊き上がりと同時に配膳。

いただきますの声も揃わぬうちから早速箸をつけ始める皆様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「栗がホクホク! おかず要らない!」

 

 

 

 

 

「今年初めての栗ですよ。そういえば、スイカも鰻も、暖で初物頂くことが多いですよね」

 

 

 

 

 

「私もそう。家にいちゃ季節の食べ物なんてあまり意識して食べないけど、ここに来てれば夏には夏の、秋には秋の旬が出てくるからありがたいやね」

 

 

 

 

 

 

「となると、これから別の秋初物に期待ですね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

栗ご飯を召し上がりながら、早くも次の旬の食材に目を、もとい胃袋を向けている皆様。

 

 

 

 

 

 

去り往く夏が残していった若干の食欲倦怠も、秋の味覚の急先鋒、栗ご飯によって遂に完全復活したようです。

 

 

 

 

 

 

さて、短い秋も過ぎればいよいよ今度は寒さも厳しい冬が訪れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

秋のうちに美味しい栄養を沢山体に取り込んで、夏と同様、冬にも負けず元気に過ごして頂きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個人的には、毎年恒例のサンマの炭火焼が今から楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それではまた!