今年も敬老会の季節が訪れました

投稿日:2015年9月23日


ブログをご覧の皆様、こんにちは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時節毎に感じることではありますが、時の流れとは早いものですね。

春夏秋冬も半ばを越え、今では青く高い秋空が広がっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は秋分。

春分と同じく、昼と夜の長さが等分になる日です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、暑さ寒さも彼岸まで、と言いますが、ここでいう彼岸とは、今日秋分の日前後の3日間のことです。

 

 

 

 

ひとまず今日をもって暑さにさようならをし、安心して長袖を箪笥にしまいこんでしまっても、いいのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

もっとも近年の熱波の前に油断は禁物ですが、昔の知恵である節気も考慮に入れて明日の自分の服装を決定するのも、オツなものではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、この時期、介護業界にとっての一大イベントである敬老の日があります。

 

 

 

 

 

「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことがその主旨のこの日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

敬老の日に執り行うイベントといえば、美味しいご飯に楽しい余興といったところで、もちろんそこは外せません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何事も基本をおろそかにしてはならず、奇をてらってばかりいては本質を見誤ってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本に忠実、スタンダードな祝賀行事ということで、今年のケアステーション暖も美味しい料理に楽しい余興という例年の流れを踏襲することになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただしお寿司を注文してもくもくと食べるだけでは、文字通り食い足りません。

今年は異国の友人が増えたと喜んでいたお客様が、彼女のために改めて中華料理に挑戦したいと仰っていたので、酢豚と麻婆豆腐を作りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

14人前の酢豚と麻婆豆腐。

材料も膨大です。

主婦連といえども、このような人数の調理を一時にこなしたことはないのでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

と思っていたら、町内会のお弁当つくりで、2人がかりで50人前弁当を作った、とのこと。

豪華客船に搭乗した気持ちで、安心して任せられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも材料の一部。

豚肉の塊は計1,2キロ。

ひき肉も700グラム超。

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、たくさんの肉を見るとわくわくするのは原初の記憶でしょうか。

遠いご先祖様は、大変な苦労を払いマンモスやらナウマンゾウを打ち倒し、晴れて大きな塊肉を前に羽化登仙の心境に至っていたかと思うと、スーパーで買ってきたお肉でワクワクするのも申し訳ないような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

石器の変わりに鉄器である包丁で、塊肉を一口大の角切りに切り分けていくA様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

切り分けた各個を包丁で軽くたたき、味が染みこみ易いよう加工してから、塩コショウ、卵をまぶして20分ほどおきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく味がしみこんだところで、高温の油で一気にカラッと揚げていきます。

四方がこんがりキツネ色になればOK!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは麻婆豆腐。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてこちらが麻婆豆腐班のメンバーとなります。

右からB様、C様、D様、そしてE様。一応のリーダーは今立ち上がってお玉を持つB様でしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本来深さのないホットプレートで麻婆豆腐など水分が多い料理を作るのは難しいのですが(鍋を振って全体を混ぜることが難しい為)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこをマーボー班、数の力で解決です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我先に麻婆豆腐のモトを投入するメンバーたち。

チームワークがどうのという小難しいことは、ここでは必要ありません。

必要なのは手際だけ。純粋な料理力だけが、ここでは試されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かなりそれっぽくなってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あらかじめ電子レンジでチンしておいた絹ごし豆腐を投下。

レンチンすることで味が染みやすくなるそうで、

石器時代はおろか、清王朝の宮廷料理人も知らない主婦の豆知識です。

 

 

 

 

 

 

 

 

揚げ豚肉が山と重なる光景。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ここで再び酢豚です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あらかじめ刻んでおいた野菜を軽くいためます。

ちなみに、にんじんなどの火の通りづらい食材は、予め湯通しすることで、炒めた段階での火の通りを均一にすることができます。

今回はレンチンしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある程度火が通ったら揚げ豚肉が加わります。

仕上げに、近代の英知の結晶である酢豚の「モト」を投入して調味。

安心と信頼の、大手メーカー製です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

豆腐を入れてからひと煮立ちさせて、こちらも完成です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正月料理には「にらみ鯛」といった、箸をつけてはならないというとんでもない料理もあるにはありますが、基本的に出来上がりをすぐに食べるのが最良。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真がピンボケするほどの高速で配膳します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、一通りの配膳が終わったところで、おめでたい席には必須のお祝い料理、お寿司が追加されました。

どうやらお客様方も少しばかりあてにしていたようで、満を持しての登場にヤンヤの歓声が挙がりました。

※なお、寿司に別途料金は発生しません。どうぞ安心してお召し上がり下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

酢豚を作り終えてヤレヤレ一息ついていたA様。

この際ですので、乾杯の音頭をとっていただきましょう。

 

 

今日は敬老の日ということで、

このような立派な席を設けていただいて私たちは幸せものです。

みなさん、これからももっとスタッフのみなさんに甘えて、ずっと幸せに長生きしていきましょう、

乾杯!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

麻婆豆腐は少し辛いんだけど、この辛さがクセになって、

からい食べ物が苦手な私でもおかわりしちゃいそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

酢豚の豚肉、大きいんだけど柔らかくて、下味もしっかりついてて、本格的!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野菜もそれぞれ火の通りがギリギリで、ちょうどいいのが地味にスゴイね!

さすがAさんだね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやぁ、昔散々作ってたんだけど、今日やってみたらあらかた忘れてて(笑

箱の裏のレシピとにらめっこしながら作ったのよ(笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

麻婆豆腐は、賑やかやったなぁ。

おしくらまんじゅうみたいに大騒ぎだったから大丈夫かいなと思ったけど、ちゃんと美味しいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやいや、あれはEさんが横から手を出してきて大騒ぎになったのよ。ほらEさん、おなか大きいから・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうそう、横から圧迫されて苦しかった。ってEさん、魚苦手だからって稲荷寿司全部食べないで! 玉子もあるから食べて!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あー、ちょっとちょっと、コーラおかわりちょうだい!

・・・はいありがとう。って、これ醤油じゃないのよー(笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たいそう賑やかに過ぎていく昼食。

女三人寄ればかしましい、などといいますが、10人以上もいらっしゃればこのような大騒ぎの食事風景もムベナルカナ、であります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、食後のコーヒーブレイク後。

満を持して各自に「いつもの」が配られます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、ビンゴです。

敬老の日には必ず毎年執り行われている、ケアステーション暖では恒例の余興。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしその賞品は主婦感覚に強く働きかけるラインナップ、折り込み広告の激安品を見定めるときのように、カードを見る目が鋭く光ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは参ります。

88番・・・ 末広がり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2番・・・ シヤギリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

18番・・・ おはこ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12番・・・ クイーン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

将棋中継のように、粛々と数字が読み上げられていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてまた、読み上げられる数字が重なるにつれて、現場の緊張感もいや増していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして遂にその瞬間は訪れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Fさん、ビンゴ!

さすがに年の功か、90も後半の後半、皆様のお姉さん的存在のF様が、一等賞であるボックスティッシュを手中に納めました。

 

 

 

この強運、いざというときの引きの強さには、一同納得です。

 

 

 

 

 

 

 

 

続いてG様がビンゴ!

日ごろから夕方開催のチンチロリンで無双を誇るG様。

やはり男性は勝負事には強い、ということを印象付けるビンゴでした。

景品はお口クチュクチュする例の液体歯磨き。

これもまた、何となく男性向けです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてこれからはビンゴラッシュ。

ひとつ数字を読み上げるたびにビンゴの声が方々から挙がります。

 

 

 

 

最年長、明治生まれのH様もビンゴ達成!

鷹揚に右手を掲げてポーズをとってくださいました。

肝心の景品は、消臭スプレー!

明治の頃に存在していれば、すわ魔法か妖術か。

魔法のような効果のお役立ち日用品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Iさまもビンゴ!

ハンケチーフをゲット!

腐らんもんやし、新しいものは気持ちいからありがたいわ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

J様も同時にビンゴ!

ご希望により、景品はマスク!

それも、女性がつけるのにうってつけ、お洒落なカラーマスクです。

喉が弱いからありがたいわ、いつもこれと同じのを買ってるの、とJ様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

酢豚作成に尽力いただいたA様もビンゴ!

袋の中身は、金魚の形の可愛いポーチ!

乙女心が刺激され、目じりが下がるA様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後、マーボー・リーダーのB様ビンゴ!

キャンディー詰め合わせをゲットされ、ゲットしたそばから袋から取り出してボリボリ噛み砕いておられました。

 

 

 

 

 

おー、甘い。

 

 

 

 

 

 

ごくごくシンプルな感想のB様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、いかがでしたでしょうか。

 

 

 

 

 

 

今年も恙なく敬老の日をお祝いすることができたことを、お客様方に感謝したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も残すところあと3ヶ月。

残りのイベントについて、早速敬老会イベント後からご意見が殺到。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋の味覚を楽しみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

冬は鍋物なんかどうでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリスマスはケーキを作りましょうか!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから先のイベント、今からあれこれ考えて、早くも期待に胸膨らませている皆様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちスタッフも、今からあれこれ考えて、お客様が期待する以上のイベントを開催したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ちなみに毎年珍妙なふん装でビンゴを司会していたスタッフBはというと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

散髪失敗により、人前に出られず、写真撮影に徹していたのでした。

どんな失敗だ・・・と強く思ったのは言うまでもありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オチのためだけに失敗カットを披露したスタッフBに励ましのメッセージを!

(この後、いつもの丸坊主にして事なきを得たそうです。髪型もスタンダードが一番というお話。おあとが宜しいようで)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それではまた!