年忘れ大忘年会!

投稿日:2015年12月23日


ブログをご覧の皆様こんにちは。

 

 

 

 

 

 

 

暑さ寒さも彼岸まで、などといっていた敬老会イベントの紹介記事から早幾年月。

 

 

 

 

 

 

妙に暖かい初冬を越え、いよいよここ相模原市も本格的な冬の寒さを迎えようとしています。

 

 

 

 

 

 

昨年の今頃も、一昨年も、更にその前も、同じことを感じ、またこのブログに書いていたかと思いますが、やはり「1年過ぎるのはあっという間」というフレーズを使わずにいられません。

 

 

 

 

 

 

 

日々顔を合わせるお客様と、

 

 

 

 

先月お正月を迎えたばかりだと思ったのに!

 

そうそう、今年は特に時間が立つのが早かった!

 

 

 

 

 

 

とお約束の言葉を交わすのも12月の風物詩です。

 

 

 

 

 

 

 

さて今日は忘年会。

みなさま1年おつかれさまでしたということで、敬老会などと並んで例年盛大に執り行われているこの催しですが、今年も全力を傾注させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

例年通り美味しい料理で英気を養い、旧年の疲れを祓って元気に新年を元気に迎えられるよう、お祝い料理を多数用意させて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とはいえ、世界で一番おいしいのは自分で作ったごはん、がモットーの主婦連。

全部が全部もてなし料理で自分たちがタッチしないとなると尻が落ち着かん、ということで、サラダの作成と鍋物に入れる具材カットをお願いしました。

これにて適度に体も動き腹も空いてくるという一石二鳥です。

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはかぼちゃのサラダを作ります。

かぼちゃは硬いもの、と相場は決まっていますがお客様曰く、万物においては刃を入れる目というものが必ずあるそうで、そこさえ的確に狙えばダイヤモンドですら一撃で粉砕することが可能とのこと。

 

サラダを作るのになぜダイヤを粉砕する話に・・・? そんな疑問も軽い一振りで真っ二つになるかぼちゃを目の前にしては些細なことでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

同じ机では鍋に入れるシメジを分解するA様。

葱を切るB様。

ダイコンを切るC様。

そしてダイヤ・・・ もといかぼちゃを切り分けていくD様と、四者四様に調理が進みます。

 

 

 

 

 

 

 

そしてこちらは黙々と四天王が切り分けた野菜を仕上げ断裁するE様。

元々厨房で働いていたこともある彼女、仕事が速い上に繊細・的確です。

 

例えば白滝。

鍋に入れる前に熱湯を回しがけすると臭みが取れて一味違うとのことで、スタッフはもちろん初耳です。

 

 

そもそも白滝にそんなに明確な味があるとも思っていませんでした。

魚やネギをすくうついでにお玉の箸に引っかかったから仕方なく取り皿に入れるもの、と白滝を作る業者さんに大変失礼な認識をしていた自分を恥じたいと思います。

 

 

 

 

 

 

さて今回鍋に入れる材料の紹介をしたいと思います。まずは

 

 

 

 

 

 

 

 

海老ですね。生でも食べられる刺身用を、今回は贅沢にも使います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはカニとホタテ。こちらも生で食べられる刺身用。

 

 

 

 

 

 

 

 

他、タラ、白菜、長ネギ、白滝、豆腐。鍋の定番、スタンダードな構成でいきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かぼちゃサラダ作りはいよいよ佳境。

薄切りにしたかぼちゃを軽く茹で、マッシュしまっしゅ。

 

 

 

※本当にまったくの余談で読み飛ばして頂きたいのですが、オジサンと呼ばれる年齢に差し掛かると、あれほど若いときにイラっときた「親父ギャグ」というやつが意に反して口をついて出てくるようになり・・・ いやむしろ積極的に考案して発表したい衝動にかられている自分に機がつき、自身の変節っぷりに驚愕しているこの頃です。

マッシュしまっしゅ、って、若い頃聞いたら絶対口走ったオヤジさんにイラッとしたんだろうなぁ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

かぼちゃとスライスオニオンをあわせ、サニーレタスを敷いた上に盛り付けて、サラダの完成です。色の取り合わせが、一輪の花のようでとても美しいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次にいよいよ、毎年恒例のお祝い料理にご登場いただきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

定番のお寿司。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカンなサイズのピザ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ローストチキン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここに巨大な土鍋とサラダが加わります。

机が二つあるので、上記メニューも二つずつ用意しております。

これにて本日のメニューが揃いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空腹時に目の前に食べ物を置かれ、それに耐えるということは非常な忍耐力を要します。

急いで管理者より乾杯の音頭をとってもらわなければなりません。心臓に負担がかかっては大変です。

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさま今年も1年有難うございました。

また来年も今日のメンバー全員揃ってお祝いが出来るよう、お体に気をつけて。頑張って健康でいきましょう。

それでは、乾杯!

 

「「「乾杯!!」」」

 

 

 

いや~1年おつかれさまでした

 

 

 

お隣同士で紙コップをあわせ、この一年の労を互いにねぎらいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてねぎらいもそこそこに、目前にしたご馳走に挑みかかるのです。いざ。

 

 

 

 

 

 

 

さて、やはり一番人気はお寿司。

みなさま思い思いに皿に取り分けては胃の腑に納めていきます。

 

 

わたし少食だからお寿司は4皿くらいしか食べられないの。

そんな過去の発言はなかったことにして、食べます。

 

 

 

 

 

 

 

鍋はおつゆのかわりに。

海産物ときのこなど野菜の旨みが大量に溶け込んだスープはホッと息をつきたくなるような優しい味わい。

これでラーメン作ったら美味しいだろうなぁ、とはラーメン大好きF様。

カニやタラはもちろんですが、今日はホタテが大人気でした。

刺身で食べられるホタテ、煮過ぎるともったいないと後のほうに鍋に入れたのが奏功したようで、レア状態の貝の甘みがグッド!

みなさまどんどんホタテおかわりをしていました。ホタテおかわり、って耳慣れないですね。

 

 

 

お寿司でひとごとちついたあとにおつゆ飲んだらまた食欲出てきた!

 

 

 

ということで、まずあっという間にお寿司がなくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次はローストチキン。

 

 

 

スタッフがナイフと手で解体し、骨付きのところを行儀悪くガブっとかじりついてもらいます。

脂ののったモモ肉はもちろん、さっぱり淡白な胸肉にもしっかりと味が染み込んでいますが、香ばしく焼きあがった表面の皮がいちばん美味しい! とチキンもあっという間に骨と皮だけ・・・ もとい骨だけになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様で作ったサラダは箸やすめにぴったりです。

かぼちゃの甘みとタマネギの適度な辛さが相俟って後を引きます。

チキンで脂っこくなった口の中を洗い流してさっぱりさせてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、最後にいまいちスタートダッシュに失敗した感のあるピザ。

 

 

 

料理も粗方平らげられたこの時点で半分以上のこっており、しかもアメリカサイズのピザは一切れが普通の日本のピザの1,5倍くらいもあります。

 

いくらなんでもこれだけの料理を納めたあと、腹の中にはいるのかいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁこのブログをご覧の皆様はもちろんこの後の展開がお分かりでしょうから結論から書きますが、入りました。

 

そう、世に「別バラ」という便利な言葉があるのです。

 

 

 

 

 

 

 

ピザは別バラよ、と文字通り腑に落ちない理屈でもって箱の中の巨大ピザが描く円がどんどん形を崩していきます。

 

どれだけ信じがたくとも、目の前のリアルこそが真実。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かくして今年のお祝い料理も無事に完食していただくことができました。

食べるということは、人が生きる基本。来年もきっと皆様健康であられることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、テーブルの上も片付き、お茶を飲んで一息ついた頃、各自にカードが配られます。

1~70までの数字が5×5マスにランダムに配置されたカード。おなじみのビンゴゲームであります。

 

今年もまたスタッフBが扮装した上で司会進行を勤めさせていただきますが、一言いいたいことがある、と彼から今回コメントをあずかってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「こんにちは。スタッフBです。私は、扮装するたびに常々思っていました。この格好は一体何だろう、と。

そんな自問をしてきたのですがもちろん自答できるはずもなく、「なんだか分からないもの」に毎回成っていました。

今回は違います。自ら立案し衣装も選び、これぞ忘年会という扮装を、晴れてお客様に披露することができたのではないかと思います。どうぞご覧下さい」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、時期的にも鉄板のサンタクロースです。

確かに今まではそのときそのとき、時節にあった扮装かといえば、決してそうとはいえず、言うとおりなんだかよく分からないものが完成していました。

 

自前のインナーを下に着込むことで、本来露わになるはずの肩や二の腕をカバー。

色っぽさの中にも気品を感じさせる今回の扮装。

バンプアップした僧帽筋で男らしさも加味されています。

 

 

 

 

 

 

 

なぜにレディースものなのか、が気にかかりますが、今更でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年この登場の瞬間の盛り上がりたるや相当なものがあります。

ある人は悲鳴をあげ、ある人は大笑い、またある人は口をぽかんとあけて茫然自失。

 

日常生活では決して味わえないような非日常の刺激的体験を提供するという意味において、非常に効果的なのではないでしょうか。旅行先や遊園地でワクワクしてテンションが上がるのと同様に、内なる力を喚起させるのです。

そう、実はケア的な意味においても必要にして十分な根拠があったのですね。若干苦しいですが。

 

 

 

 

トイレから出てきたC様とはちあわせ。

完全に腰が引けています。

恐らくスタッフBが発散する、気品を湛えつつ、しかしどうしてもにじみ出てしまう色気に、圧倒されたのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世にマッチョツアーという、筋骨隆々の男と触れ合えるバスツアーがあるそうですが、何歳になっても女性はマッチョに触りたくなるサガがあるようです。

 

 

「おなかはぶよぶよね^^」

 

 

 

 

来年に期待ということで・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ひとしきり堪能したところで本題のビンゴです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

28ば~ん

 

 

 

 

 

 

31ば~ん

 

 

 

 

 

 

 

59ば~ん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あった! あと一個でリーチ!

 

 

 

 

 

 

 

ぜんぜんこない! 次12番たのむよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

(スタッフBのスカートをめくりながら)パンツはぜんぜん色っぽくないわ!

 

 

 

 

 

 

 

 

ロードバイク(自転車)用の無骨な下着なのでスカートはめくらないで下さ~い!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大騒ぎのビンゴゲームはすすみ、いよいよ最初のビンゴが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

H様ビンゴ!

洗って使えるキッチンペーパー! 技術の進歩を感じますね! そして記念撮影!

「いや~! 顔近づけるな~(;^ω^A」

すごい喜んでますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

I様ビンゴ!

ポインセチアの鉢植えです! あと記念撮影!

「このあと婚姻届を出しにいきましょう」

ノリのいいI様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

J様もビンゴ!

こういうのをなんと言うのか、ひざかけ!?でしょうか! 一緒にくるまれて記念撮影しましょう!

「あああ 若い人がくっついてくれて、体の芯が暑くなってきたわ!」

まだかろうじて若いともいえなくもないスタッフBの体温で温まってください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

K様ビンゴ! あらこちらダンディーで素適なお方!

いきなり襲い掛かってきた化物スタッフBにも余裕の対応、笑顔で手を振って応じてくださいました!

「誰かに抱きつかれたのなんか久しぶりですよ(笑)」

 

すいません私で!

 

 

 

 

 

 

 

 

N様大当たり!

よく温熱機で足や体を温めているN様には、暖かい靴下セット!

「うわ~ これが私にとって一番嬉しいわぁ~」

くじ運ですね! ついでに私がくっついて温めさせて下さい!

「それはえぇわ(笑い)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

M様ビンゴ!

「待ってたわよ~」

と賞品はほっといて抱きつくM様です。

よっしゃ、胸に飛び込んでこい! と包容力を発揮するスタッフB。

ちなみに愛の抱擁が終わったあとM様真っ赤になってました。いつもしとやかなのに勇気を出してくださったんですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

L様もビンゴ!

あめちゃんとチョコレートで糖分を等分に補ってください!当分の間はこれでOKですね!

「えぇ? 私は耳とおいんだから聞こえんよ!」

ぁ、さようでしたね・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラスト、O様ビンゴ!

あめちゃんチョコレートをどうぞ!

「えーっ、ほんとにーっ!? うわー嬉しい!」

そ、そんなに喜んでもらうと、ちょっとどうしていいのやら。

せめてサービスします! チュッ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビンゴが終わった後も、豪華賞品がかかるじゃんけん大会が突如催され、こちらも大変に盛り上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして最後はケーキを頂きながら、ケアステーション暖の1年を振り返るスライド上映。

 

 

 

 

 

 

 

そういえばこんなこともやりましたね。

 

 

 

 

 

 

あの時はまだ私の髪も黒いところが残ってたのね・・・

 

 

 

 

あ、ほら、書初めで「良い男モトム」ってあなたが書いたんでしょ。

 

 

 

 

 

節分のときは、また例の鬼がやってきましたね。

 

 

 

 

 

あっさりやられて帰っていきましたね。彼。

 

 

 

 

 

キュウリは採れすぎて食べるのがおっつかないくらいだったね。

 

 

 

 

 

ナスやゴーヤ炒めて食べましたね。美味しかったわ。

 

 

 

 

 

 

土用丑の日は鰻もご馳走になって。

 

 

 

 

 

なんかたべてばっかりですね。思い返すと(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

100歳越えのQさんも、あの人は食べてるから今も元気なんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちも、来年になっても頑張って食べて、Qさんみたいに元気に長生きしないとね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケアステーション暖の食の1年を振り返ったスライド上映も終わり、改めて食べることの大切さを実感し、来年の健啖ぶりを誓ったお客様一同でした。

 

 

 

 

 

 

 

さて、通常ブログの倍以上という長丁場になってしまいましたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケアステーション暖も開設から時がたち、あの頃は大元気だったお客様も、大から中元気ないし中から小元気くらいまで活力が減退、いわゆる老化現象に見舞われている方も少なくありません。(それでもご高齢で元気を維持されているのですから、大変素晴らしい事だと思います)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなお客様方には、来年も季節折々の行事を通じて、美味しい料理を食べたり、非日常の刺激を楽しんだりしていただいて、ぜひとも小から中、中から大と活力を取り戻していただければ、と思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今から来年に向けてスタッフ一同、新たな行事の構想やバンプアップに勤しみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

異常な暖冬が続いています。

寒暖差激しい、体に応える気候ですが、ブログをご覧下さった皆様もどうぞご自愛いただければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年1年お付き合いいただき有難うございました。

また来年もよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

良いお年を!