新年明けましておめで鯛

投稿日:2016年1月21日


ブログをごらんの皆様、あけましておめでとうございます。

 

 

 

 

 

旧年中はひとかたならぬご厚誼を賜りましてありがとうございました。

本年もなにとぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、お正月気分もすっかり抜けきった大寒の今日。

遠く関西の知人の方(もっとも現在は関東在住ですが)から、お正月のお祝いの品が届きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その方は遠く関西からはるばるわざわざ出てこられ、社長はじめ、ケアステーション暖スタッフとも長年懇意にされているのですが、常識外の高身長で混雑時の待ち合わせにもすぐ発見しやすく、関西方面特有のノリの良さから新年会などの会合に際しては必ず一人は用意しておきたい、とてもナイスなガイです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな方からの新年のお祝い品、期待するなというほうが難しいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、開・封!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・さすが関西人! 期待を裏切りません!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デイサービスが送り先ということで、食べ物系贈答品の可能性は確かに高いでしょうが、しかしそこに多分な駄洒落的成分を含んだ「おめで鯛」(これが正式な商品名です)を実際に購入し送りつけてくるあたり、お笑い大国の面目躍如といっても過言ではないでしょう。

当代もって三代目、渋谷生まれの江戸っ子の私としては、素直に賞賛を送らざるを得ません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、新年のお祝いが届きましたよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遠方からはるばる届いた贈答品を(実際は新百合ヶ丘のお店発ですが)社長が両手に掲げて参上すると、座っていたお客様方も思わず立ち上がり、なんだなんだと大注目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしこの「おめで鯛」、大きさもさることながらその厚みも尋常ではありません。

手に持つとずしりと重みを感じ、中身がギューと詰まっていることを語ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見た目のインパクト、鮮烈にして強烈。

暖にある中でも一番大きな皿からはみ出してしまう巨大さは、じゃあ何に乗せたらいいんだと頭を抱えてしまうほど。

そして味の想像が大変しづらいです。

ギューと詰まったその内容物はいったい何なのか。

見ていてもナゾは深まるばかりなので、記念撮影が終わった後は早々に解体したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さぁ切り分けるぞと包丁を持ったスタッフの手が、一瞬とまりました。

どこから手をつけたものか、とっかかりが掴めなかったのでしょう。

気を取り直して尻尾から切り離すことにしたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後は滞りなく解体が進み、小皿に取り分けてお客様の下に配膳します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尻尾とひれを頂くA様。

パイ皮につつまれた内容物は繊細かつ上品な甘さを湛え、口中で蕩けるように広がります。

もう時刻は夕餉前にさしかかるというのに、そんなことはおくびにも出さず、別バラを免罪符に食べ進める姿はさながら求道者。

 

 

 

 

 

 

 

 

あらー 上品なお味! これは栗かしらねー

アーモンドの香りとパイ皮のサクサク感が合わさって、今まで食べたことがない感覚!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グルメリポーターのような的確なレポートを毎回必ず挟んでくださる、文章書にとってありがたい方でもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一個しかない目玉をムシャムシャほお張って得意げなB様です。

 

 

 

 

 

魚は目玉がうまいんだよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

そうそう! 目玉は甘辛く煮てやるとトロッとした歯ざわりかつ濃厚な味が楽しめ・・・っていやいや。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

贈答主の彼の人のごとく、ノリツッコミの声が方々から挙がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほかのかたがたも飲み物片手にパクパク召し上がっています。

 

 

 

 

こりゃーうまいなぁ

 

 

 

見た目も味もスゴイですよね。いやいい意味で。

 

 

 

ボリュームもすごいから、今夜は夕飯食べないでいいわ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鮮やかなるインパクトの外観に、上品なアーモンドクリームと栗の渋皮煮を内包したイカした奴、「おめで鯛」。

 

 

 

 

お客様の中には、これはどこで買えるのかと、自分へのプレゼント用に購入を検討される方も出てくるほど、ハートをがっちりキャッチしたようでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

考えてみればこの「おめで鯛」。

 

 

 

 

奇抜な格好で衆目の目を引き、確かな実力を発揮して聴衆を笑いの坩堝に落とすお笑い芸人と,その本質が同じだということに気づかされます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、一見奇抜に見えた今回の新年のお祝いには、実はそんな深い意味が隠されていたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

見た目も実力も兼ね備えたデイサービスになってくださいね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長年の朋友である彼の人からの贈り物には、そんなメッセージがこめられているような気がしてなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで新年一発目は大変縁起の良い贈答品のお話でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様も興味がありましたら一度手にとってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

送り先のハートをがっちりわしづかみにすること、請け合いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それではまた!