今年も恒例、鬼襲来!

投稿日:2016年2月5日


ブログをご覧の皆様、こんにちは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年明けからはや一ヶ月、如月の三日を迎えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二月の三日といえば、もちろん節分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


炒った大豆をばら撒いて邪を祓い幸運を呼び込む、と書くとなんだかよく分かりませんが、とにかく古来からの伝統行事です。

 

 

 

 

 


ケアステーション暖でも例年執り行っているこの行事。

 

 

 

 

 

 

通常は豆を鬼にぶつける日、という認識を当然持たれることでしょうが、スタッフBに限ってはニンゲンに豆をぶつけられる日、という認識が根付いて久しいです。

 

 

自分とはいったい何者なのか、ヒトなのか、実のところモノノケ怪異の類なのか、そんな自問と自答をいやがおうにも喚起させる、自らを見つめなおさせる機会ともなっているのが、スタッフBにとっての節分となっています。

 

 

 

 

 

 

そんな深奥なる悩みはさておいて、今年の節分の様子をお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


イワシです。
なぜイワシなのかといえば、関西では焼いたイワシの頭にヒイラギを突き刺して玄関に飾る慣わしがあり、転じて節分にイワシを食べると厄除けになるとされているからです。

 

 

 

ちなみにイワシの頭とヒイラギがどう鬼退治の役に立つのかといえば、イワシの頭は強烈な臭気で、ヒイラギのとげとげは目を突いて、鬼を退けるといいます。

金棒を振り回し怪力を誇る割には、意外と繊細な一面を持っているんですね。
(しかし、マスクをしサングラスをかけるだけのちょっとした知恵が鬼側にあれば、今頃人類はどうなっていたでしょうか。考えるだに恐ろしいことです)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今日は生姜と梅で煮付ける、「イワシの梅煮」を作ります。

 

 

 

 

 


が困ったことに今日のお客様の中で梅煮を作った方がいません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


とりあえずイワシの臭みが出ないように生姜で煮ておこう、というA様の指示の元、試行錯誤しながら調理していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方、イベント料理として安定した人気を持つ散らし寿司を、A様指導でスタッフが作っていきます。

 

 

 

最近は何でも「モト」があるので、ご飯に混ぜるだけで簡単においしい散らし寿司が出来上がります。

 

 


何でも揃ってて、まったく便利な世の中になったものだ・・・

 

 

モトを駆使した料理を作るたびに感慨深げにつぶやくお客様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


散らし寿司をお椀に入れて半円に盛り、きゅうりや錦糸卵でトッピング。
このあたりはスタッフも慣れたものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梅煮も、作ったことがないとはいえ、その料理概要から長年の経験で味付けを推理し、正解に近いものができたのではないでしょうか。
暖オリジナル梅煮とでもいうべき新料理が完成しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

味噌汁も加えて本日のメニューがすべて完成しました。
早速できたてを頂戴しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梅煮なんて聞いたこともなかったけど、酸味がさわやかで美味しいですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


イワシって匂いが苦手だったけど、大葉と梅の香りでさっぱりしててこれなら食べらます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


あら、魚嫌いでいつも残しているBさんが全部食べてるわね。珍しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

魚は嫌いだけど梅は大好きだから思い切って食べてみたけど、イワシってこうやって料理すると美味しいものなんですね~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


実に数十年ぶりにイワシを食べたというB様、ケアステーション暖特製の梅煮は魚嫌いの方でも美味しく召し上がっていただける一品に仕上がったようです。

 

 

 

 

 

 


見ず知らずの料理もさらりとこなすA様はじめ主婦連の力量は計り知れません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


さて、昼食も終わり、次に豆まきです。
皆様は、鬼と聞いてどのような姿を思い浮かべるでしょうか。

 

 

一般的なイメージとして、赤や青、緑といった派手な原色系のカラーリングをした表皮に、虎革のパンツ。(この虎革パンツにも謂れがあるのですが、ここでは省略します)。

 

 

 


天然パーマも著しい頭髪の間からは角が1,2本生えており、目はギョロっとむかれ口は耳まで裂けている・・・といったところでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

このイメージからひとつ分かるのは、鬼といって想像するのは大体が「男」の鬼だということです。
しかしこれはおかしいのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

女性の鬼がいてもおかしくない。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを思いついたのは何を隠そう前日のこと。
ライオンとて狩はメスの仕事。節分という鬼業界最大の行事に、女鬼が現れるのは、なんら珍しいことではないはずだ。

 

 

 

 

 

 

 

暴走加速した思考はとどまることを知りません。そして・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鬼=赤い衣装
女性=スカート

 

 

 

 

 

 

 

 

という安易な発想の結果が、この有様です。

 

 

 

 

てっきり通常イメージであるところの男鬼が現れるとばかり思っていたお客様。

 

 

いや、それはそのとおりなんだけれど、その衣装の意味なすところは何なのか、なぜミニスカなのか、ちょっとしたパニックが一座に広がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今回もお供にボストンテリアのハナコを連れて推参仕りました。
ハナコはハナコで、なぜか振袖を着ており、この二匹はいったい何なのか、疑問はいっそう深まったことでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「はいみなさん、ちょっといいですか。これからのことをご説明させていただきますが、今日は節分です。
そして、私は鬼です。こっちはお供の犬です。
 もう分かりますね。私が今からお供と一緒に大暴れをしますので、あらかじめ配らせてもらったその豆を使って、私を退治してください。一年に一回の晴れ姿なので、そこのところぜひよろしくお願いします。
 あ、カメラさん。今年は写真大目でお願いします」

 

 

 

まんまテレビの前説のような鬼からの説明が終わり、にわかに凶暴化した鬼がお客様に襲い掛かります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「グァーーーハッハッハ! じゃなかった! オーホッホッホ!」

 

 

 

 

 


女鬼という設定がいまいち固まらないまま本番に臨む、プロ鬼あるまじき失態。
もちろんお客様方の、きつーい制裁が待っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

おにはーそと。おにはーーーそとー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グワー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おにはーそと。おにはーーそとーーー!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


グェー!

 

 

 

 

 

(もはや女鬼設定など彼方に吹っ飛んでいます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


最後は、今年もまだまだお元気です! 暖最高齢、100歳を軽く超えるC様からとどめの一撃が決まり、鬼退治完了。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


もだえ苦しむ主人をさておいて、床に散らばった豆に興味津々のハナコ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様の手に持った豆をエサだと思ったのか、完全に懐柔されています。

 

 

 

 

毎年いわしの頭やヒイラギのトゲトゲにしてやられているのもムベナルかな。
お供の裏切りも毎度念頭から外れてしまうあたり、学習能力がいまひとつ欠落しているのが、どうやら鬼というもののようです。

 

 

 

 

 

そして今年からのサービスとして、鬼★フォトを開始しました。

 

 

 

 

 


これは、鬼と記念写真を撮影することができるという世界初の画期的なサービスです。

 

 

 


数枚紹介させていただきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


しかし皆様、鬼よりもハナコとの撮影を望まれていたような気がしてなりません。
鬼★フォトは今年限りで廃業となりそうです。

 

 

 

 

 

 

一通りのスケジュールも終わり、今年もご苦労様、と最後に握手を求めてくれたニンゲンの女性。

 

 

 

 

ありがとうございます、また来年!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

握手すると見せかけて油断したところをガバっと覆いかぶさります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ギャーと響く悲鳴。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後の最後に一矢報いて満足げな鬼でした。

 

 

 

 

年を追うごとに妙な部分でのグレードアップを遂げている節分ですが、今年はいかがでしたでしょうか。

 

 

 

 

年中行事をこなしていくと、それに伴って季節の移り変わりを実感できますね。

 

 

うるう年の2月が終われば、もう3月。彼岸に入れば、春はもうすぐそこです。

 

 


春分を迎えた今日、暦の上では季節は春となりましたが、まだまだ寒い日が続きます。
皆様もお体にはお気をつけください。

 

 

 

 


それではまた!