五月五日 かつての子どもが、こどもの日を祝います

投稿日:2016年5月9日


ブログをごらんの皆様、こんにちは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もはや暦も5月に入りました。

1日すずらんの日→2日エンピツ記念日→3日憲法記念日→4日みどりの日→5日こどもの日→6日ゴムの日→7日博士の日→8日松の日と、怒涛の記念日ラッシュが続いたゴールデンウィークをみなさまいかがお過ごしでしたでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世間様では毎年この時期、楽しい旅行と苦しい渋滞・混雑を一時に味わうということで、

 

 

 

 

 

浮世の苦楽は壁一重、悲しみと喜びとは交互に相次ぐ、禍福は糾える縄の如し、苦楽は相伴う、苦楽は生涯の道づれ、すべてのメダルには裏がある、楽しみは苦しみの種、上り坂あれば下り坂あり、楽する悪かろう苦をするよかろう、楽は苦の種、苦は楽の種、楽あれば苦あり・・・

 

 

 

 

 

この種の故事、ことわざの類が片っ端から想起される季節として認識されている方も多いことでしょう。

 

 

 

そのような世間の荒波からは身を引き、無関係を決め込む方も多いケアステーション暖のお客様方においては、遠い下界のやっさもっさをテレビ越しに眺めては薄い歓声を上げる日として定着しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、とはいえ、あんまり仙人然として浮世離れが加速しても、社会性の欠如という弊害を伴ってしまいます。

霞を食べて腹が膨れればお金はかからないでしょうが、3食目あたりでうんざりして急ぎマクドナルドあたりに駆け込むのが目に見えています。私ならそうなると断言できます。

心身ともに健康を保つには、ある程度の世俗を身にまとっていたほうが、ベターなのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たとえ面倒を感じても季節ごとの行事をきっちり執り行って、すこしずつ一年を消化していくのは、社会との接点を維持する上でとても大切なことなのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが、こどもの日というデイサービスにいらっしゃるお客様から全くもって正反対の意味を持つ行事であったとしても、せっかくだからしっかり楽しんで行いましょうということで、五月五日のこどもの日にお祝いイベントを開催しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こどもの日なんてもう何十年前にやったかなぁ・・・

などという声が聞こえてきそうな作業風景です。いや実際に聞こえていましたが。

ところで皆さん、春巻きの皮で何かを折っているようですが、いったい何を折っているんですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カブトです。

以前に鶴を折って油で揚げたお飾りを作りましたが、今日はこどもの日ということで、カブトなわけです。

一定年齢以上の男性ならば、幼い頃に新聞紙で折ったカブトを装着し、風呂敷を肩にかけ、そこいら辺に落ちていた良い感じの木の枝を振り回した覚えがあるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

このカブトという造形の素晴らしいところは、カッコいいというだけにとどまりません。

あの機能美は頭を守るだけでなく、料理の際にも大活躍するのですが、それはまた後ほど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポテトをレンチンしたら熱々のところ皮をむきます。単に辛抱が強いのか、それとも長年の主婦業の賜物で耐熱機能が備わっているのか、文字通りの涼しい顔で剥いてます。

隣の看護師さんはビニ手してても熱そうにもかかわらず。

 

 

 

 

皮が剥けたらポテトをマッシュして・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミックスベジタブルを投下して彩を追加。

塩コショウ等で調味すれば出来上がり・・・ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、先ほどあらかじめ折っておいた大量のカブト。

その本来頭が納まるべきスペースに、ポテトを挟んで揚げてしまおうというアイディア料理なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うちの息子は薄情だ。

いやあんたの息子は週一だからたいしたもんだ。

でも医者にしか連れてってくれない。

そのあとレストランでご飯食べてるから十分だ。

うちなんか娘だから厳しい。

野菜やら料理やら持ってきてくれてうらやましいのになにを贅沢な。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

等々、かつての子供に対する寸評・批評をはさみつつ、カブトの狭間にポテトをつめていきます。

なんだかんだ、皆さん愚痴りながらも口元がにやけているのがポイント。

分りやすい自虐風自慢です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろいろな想いも挟まったカブトを、高温でコンガリと揚げていきます。

中身には火が通っているので、焦げ目がつけば出来上がりとなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょうどいい焦げ目がつきました。

色形的に子供が見れば瞬時にテンションゲージがマックス振り切れるかっこよさです。

店頭で見かけたら勢いで買ってしまいますね。3個280円(税込み)ならば。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あまったポテトに野菜を足して、サラダも添えます。

ビタミン、食物繊維の摂取も重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご飯は釜飯です。

全くの余談ですが、暖の100歳を超えるお客様に好物を聞くと、大概「五目飯」と仰います。

昔のご馳走も、今は「モト」をお釜に入れるだけですぐに出来上がるのですから、ずいぶん便利になりました。長生きの甲斐があったとその方もおっしゃっていたものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カブトに五目飯という、メニューの字面を二度見すること請け合いの、こどもの日にふさわしいやんちゃな料理が出来上がりました。

事前情報なしで相対した場合、このカブトは食べていいものか一瞬悩むに違いありません。

案の定、皿を目の前に首をかしげる方もいらっしゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それではみなさん、熱いうちに食べましょう。いただきま・・・

 

 

 

 

 

あの、このカブトは飾り? それとも食べてもいいもの?

 

 

 

 

 

 

 

あぁこのカブトはですね、かくがくしかじか、そういうわけで美味しく食べられます。

 

 

 

 

 

 

 

そうですか。それならよかった。では改めて・・・

 

 

 

 

 

 

「「「いただきまーす」」」

 

 

 

 

 

 

 

最近はこういう料理? こういうのが流行ってるの? 食べるのがもったいないけど、ひとくち。

 

 

 

 

 

外は春巻きの皮だからパリッとしてますね。中のポテトがホクホクで、食べたことないですね。こういう料理は。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中の具を変えれば、メイン料理からデザートまで、なんでもできていいですやね

 

 

 

 

 

 

 

 

春巻きの皮で折り紙を折るなんて発想は、私たちみたいな年寄りからは出てこないね。

 

 

 

 

 

 

 

子どもの斬新なる発想がないとね。まぁこどもの日を私らみたいな高齢者が祝うのには、ぴったりの料理じゃない(笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うん、これを食べたらなにやら子ども時代のように頭の回転が速くなった気がする!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それなら、もう十個も食べれば赤ちゃんに戻れますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやー、ただでさえ怪しい頭なのに、赤ちゃんに戻ったら料理も作れなくなるから、3個で我慢します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、今まで見たことも聞いたことも、もちろん食べたこともなかった料理でしたが、皆様満足いただけたようでした。

若返り効果については、定かではありませんが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おやつも当然作ります。

こどもの日にちなんだものです。

まだこの段階ではごく普通のロールケーキ、ちなみ切れていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左官屋のごとくペッタペッタと生クリームを塗布していきます。

まだまだこの段階でもいまいち何がしたいのか不明です。

遠めでみていたお客様が、ずいぶんデカイちくわだね! と声をかけてきたことからも、それは明らかです。

さすがにちくわはどうかと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薄くカットしたイチゴを、表面に貼り付けていきます。

これくらいになると、だんだん分ってきたのか、あーなるほど、といった感嘆の声が上がり始めました。

うんうん、五月五日にちなんで、こいのぼりを模したケーキを作るというわけですね。

この段階でもすでになかなかのできばえですね。イチゴの光沢がリアルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうだ、先日オヤツを作ったときのバナナが余ってた! もったいないから使いましょう!

 

 

 

 

あぁそれはいいアイディアですねって、えぇー。

あまった生クリームをイチゴの上に重ねるだけでは飽き足らず、その上にバナナお代わり!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、何よりも華美を廃して質実をモットーとされてきた方々です。止めようもありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらでは、あまった材料をさらに一ひねり。

小さい器に果物を盛り付けて、冷蔵庫のサイダーを注ぎ、お手軽フルーツポンチが出来上がりました。

誰も何も言ってないのに、主婦の創作意欲が沸き立ち発露した結果がこれです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かくして、具沢山ロールケーキと、

お手軽フルーツポンチが出来上がったのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

質実剛健。

見た目の華やかさよりも、実を取るその姿勢に、長年を生き抜いてきた人間の強さと強かさをみた想いです。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに肝心のお味につきましては、とてもよろしかったことを付け加えておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁこんな五月五日も実にケアステーション暖らしいということで、ご理解ご納得を頂ければ幸いであります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、先日毎年恒例のゴーヤの苗を植えました。ネットも配備して準備万端です。

ゴーヤ収穫と、様々なアイディア料理を、今年もまたご紹介できればと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それではまた!