もう1つの折り紙陶芸

投稿日:2011年9月19日


今日は陶芸釜にて折り紙陶芸の鶴、鎧兜(よろいかぶと)が焼き上がりました。

 

今までは鶴しか作成できず色も白のみでしたが、今回からは雛人形や和紙柄など季節に合わせた物も行えるようになりました。

 

その他にも切ったり貼ったりでき色の組み合わせも自由に行えるようになったため、より幅広い作品が作れます。

 

作成は手先も使い弱い部分を補強したりと考えながら頭を使って折っていくため、デイサービスの作業リハビリとして行うには楽しみもあり喜んでいただけると改めて思いました。

 

焼き上がりを待っている時間は良い意味での不安もあり1つの作品を作り上げるまでにいろいろな楽しみが味わえると共に次は何を作ろうかと意欲が生まれます。

 

共感して頂ける方はぜひ暖のホームページをご覧ください。

 現在は窯の中に亀、ふくのすけ、鎧兜(女性用)が入っています。

明日の焼き上がりが楽しみで私が生きがいを感じています。

pp.JPG