鶴は千年 亀は万年 長寿の共演

投稿日:2011年9月23日


今日は昨日お伝えした折り紙陶芸の本焼が終了し、

鶴2羽、亀2匹、カブト1つが焼き上がり完成しました

 

素焼きの時よりも強度が増し、より陶器らしくなりました

 P1000468.JPG

鶴と亀はセットにしケースに入れ暖の陶芸専用棚に飾ってあります。

この鶴、亀は近隣の美容院に飾っていただこうと思います。

またカブトも綺麗にできあがりとても素敵です 画像をアップしましたのでご覧ください。

 

 P1000466.JPG

この特殊な折り紙は、自分で折ったものが1250℃の窯のなかで、折ったときと変わらずそのままの形で出来上がり、とても不思議な気持ちになります。

 

 紙も硬くなく、高齢者の方で手先の力があまりない方、麻痺のある方でも職員がサポートしながら簡単に行えます。

 

「難しそう、自分には無理だ」とあきらめずに、まずは興味を待たれた方、やってみたいと思う意欲のある方にはぜひ体験していただきたいです。

 

そして1つの作品の完成までにいろいろな工程がありますのでデイサービスに通う楽しみの1つになると思います。

 

私もこの折り紙陶芸を取り入れてから折り紙にハマり、

毎日いろいろな折り紙の折り方を練習しています