最高傑作

投稿日:2011年9月27日


昨日、窯に入れて本焼した孔雀鶴(くじゃくづる)と出目金と和紙柄の亀が焼き上がりました。 今までで最高の出来上がりに職員一同感激しています。

 

 

ケースに入れ、リボンをかけた写真がこちらです。 P1000494.JPG

 

 

P100048リサイズ.jpg

 

 

P1000483.JPG

いかがでしょうか。 まさに今までの最高傑作!と呼ぶに相応しい出来なのではと思います。

 

 

折り紙陶芸では、折り紙で折れるすべての物が陶芸になりますが 今回の孔雀鶴のほかにも、今後どんどん新しいものを作れるように練習していきたいと思います。

 

 

また、先日のブログでもお知らせしましたが、このたび折り紙陶芸の体験教室を開催することにいたしました。

 

 

実際に体験し、完成し焼きあがった自分だけの作品を手にして頂ければ、折り紙陶芸の素晴らしさをより実感していただけるかと思います。

 

 

写真を見て興味をもたれた方は、ぜひお越しください。

 

 

詳しくはホームページ内からご案内文をダウンロードできますので、そちらをご覧になっていただければと思います。