おりがみ陶芸センター 川崎社長来訪

投稿日:2012年9月7日


皆さんこんにちわ。

 

 

9月を何日か過ぎたものの、いまだに残暑も激しい昼下がり、ケアステーション暖にお客様が1人、来訪されました。

 

 

長崎県は佐世保から、はるばる訪ねてきてくださったのは、株式会社 おりがみ陶芸センターの川崎社長その人でした。

 

 

今までケアステーション暖では様々な形式のおりがみ陶芸作品を作成し、そのたびに川崎社長へメール添付で作品の画像を送っていたのですが、直に作品を見、おりがみ陶芸作品についての情報交換をするため、今回別の用事の合間に暖まで足を伸ばしてくださった、ということのようでした。

 

 

メールや電話での打ち合わせは数限りなく行っていましたが、なにぶん佐世保と相模原市では相当の距離があります。

 

川崎社長と、当社、㈱八福の眞島社長との、顔を見ながらの打ち合わせは長い間行われ、今後の更なる発展に向けて色々な意見が交わされたということです。

 

右が株式会社 おりがみ陶芸センター 川崎社長

 

 

次はもっとゆっくり時間があるときに、お酒でも飲みながら、と言いながら川崎社長は暖をあとにされました。

 

 

今回の情報交換で得た知識や情報を生かし、今後も新しい作品を作り出していきたいと思います。