おりがみ陶芸 次なるステップとは

投稿日:2012年9月28日


皆さんこんにちわ。

 

株式会社 おりがみ陶芸センターより

 

日本おりがみ協会講師

チーフ・インストラクターの

 

田島様と

 

管理室長の

 

馬場様が来訪されました。

 

 

 

おりがみ陶芸の新たな可能性を提案するために、わざわざ佐世保から立ち寄ってくださいました。

 

 

可能性その1

 

 

これ、全部おりがみ陶芸の陶芸用紙で作成されています。全部陶器です。

 

 

可能性その2

 

陶芸用紙は光を通す特性があるとのことで、それを生かしてライトに。

 

 

最初これらの作品を見たときには、これが「おりがみ」陶芸だと、うまい具合に頭の中に入っていかなかったのですが、これはちょっと凄いですよね・・・

 

おりがみ陶芸の今後の展開なども含めて、我が社長と5時間(!)もの長きにわたり語り合ってゆかれた両氏。

 

今後への確かな手ごたえを双方感じられたとのことでした。

 

 

このおりがみ陶芸作品ですが、なんとケアステーション暖に寄贈していただきました。ありがとうございます。

 

 

実物をご覧になりたければ、皆様いつでもお越しください。

 

 

実物のインパクト、かなり凄いですよ!