野菜を採りに

投稿日:2012年11月12日


皆さんこんにちは。

 

このところ、本業の介護が忙しく、なかなか更新の暇がありませんでした。

お客様が多くお越しになっていただけるのは、大変ありがたいことです。忙しい日々もまた善哉也。

 

その分紹介するネタはたまる一方、ということで、前回更新の干し柿作りに引き続き、連続更新したいと思います。

 

さて、我がケアステーション暖では、お客様に季節の野菜を楽しんでいただこうと、無農薬・有機栽培を行う「松丸農園」から野菜の提供をいただいています。

 

今までの食事イベントに出てきた食材にも、この農園の野菜が少なからず利用されていることは、このブログの読者の方はご存知かと思います。

 

 

この野菜を使った料理については主婦歴長い兵ぞろい、何の心配もありません。

そしてまた、お客様の中には、当然のように若い頃畑を耕していた方が数多くいらっしゃいます。

そう、料理だけでなく食材育成から収穫、人が生きるためのスキルを余すところなくカバーする、なんともタフな方々でもあったのです。

 

 

また、単に採れたて野菜を提供するだけではなく、リハビリ的観点からも収穫を手伝っていただくことは重要なのです。

手や足腰の作業療法、また畑を耕していた昔を思い出すことによる回想療法の要素もとりいれています。

 

そんなわけで、今回も経験者数名をお連れし、収穫へと赴きました。

 

 

到着。

さっそく収穫します。

 

 

これはサツマイモ。

 

 

サツマイモの茎も食べられるのよ、ということで、柔らかそうなところを選んで持ち帰ることにしました。

 

 

土の下から徐々に姿を現すサツマイモたち。

 

 

これがこの日一番の大きさ。チラッと移っている靴のサイズと比べれば、どれだけ巨大か分かろうというものです。

 

 

こちらはジャガイモ。赤と白、二種類あり、各々特徴があるとのこと。

 

 

こちらは長ネギ。

お客様いわく「コレはスーパーで買ったら137円はする」とのこと。

端数がリアルで説得力があります。

 

 

車の後部に詰め込んだ今日の収穫一覧。

長ネギ、サツマイモ、サツマイモの茎、ジャガイモ2種、ここからは見えませんがブロッコリー、ニンジン、ついでにウコン(!)と、その量も種類も大漁です。

 

 

 

お客様、スタッフ総出で茎をむいたあと、湯がいて炒めます。

 

 

 

こちらは芋2種を切って煮て。

 

 

というわけで、この日の昼食のおかずはいつもより3種増しで大変豪勢なものとなりました。

 

なにより、自分たちで採って自分たちで料理した分、味も格別です。

 

今度は白菜が食べごろを迎えるとのことで、今から収穫と料理が待ち遠しくてなりません。