ひな祭り

投稿日:2017年3月9日


ブログをご覧の皆さまこんにちは。

 

ケアステーション暖では、ひな祭りイベントでイチゴ大福を作りました。

P1130106

まずはA様にイチゴを切っていただきました。

「イチゴは酸っぱいから苦手なの」と話されつつも、こっそり「ご褒美に食べてもいい?」と美味しそうに食べていました。

 

 

P1130111

続いて大福の皮作りです。

ここは力仕事の為、男性の出番です。

なかなか、生地に粘りがでず、苦戦しながら頑張っていました。

P1130116

次はイチゴをあんこで包み、その上から更に大福の皮で包む予定だったのですが・・・。

B様より、上から生地をかけて冷やしたらいいのではとアドバイスをいただきました。

 

P1130118

誰がなんと言おうとイチゴ大福です。(笑)

P1130122

早速C様に試食していただきました。

しばらく無言が続き、味をしっかり嚙み締めたあと、「美味しいです。」の一言

しかし、その後皆さんで美味しく完食されました。

P1130127

更に、余った材料にてお汁粉作りも行いました。

P1130129

お二人とも久しぶりの白玉を作られたとの事で、若干サイズが・・・。

 

P1130139

これは間違いなくお汁粉ですね。(笑)

 

 



この記事へのリンク

ビールで乾杯! 六月誕生会

投稿日:2016年6月24日


ブログをごらんの皆様こんにちは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジメジメした梅雨らしい気候が続いている相模原は緑区大山町。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしこのところ、朝は雨降り、午後は猛暑、あるいはその逆と、日にちの感覚がいささかおかしくなる様な日が続いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし梅雨の合間に半日だけでもお日様が照ってくれるのはとてもありがたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、主に野菜たちにとっては。

例年夏場には農園で野菜を育て調理し食してきましたが、このところの日差しでようやくきゅうりやナス、ゴーヤが育ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の六月誕生会にあわせて収穫してきた夏野菜を使い、サラダを。これには今日が誕生日であるA様のリクエスト、みょうがを入れて大人の味を演出したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

採れた野菜はすぐに食べなければ申し訳が立ちません。早速調理に取り掛かっていただきます。

「まったく、Aさんが休むから料理が全部私の担当に・・・」

 

 

 

 

 

なにやらブツブツいいながらも手際よくこなしてくださいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやーまさか誕生会に当人がドタキャンとはねー(笑

こちらは海鮮丼に入れる海苔を切りながらも、今日の主賓であるA様の話題で持ちきりです。さすが主賓。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サラダの次は魚!

Aさんが魚が好きだっていうから海鮮丼にしたってのに・・・

 

 

 

 

 

 

 

なにか独り言を言っているようですが、瑣末なことでしょう。

現に口と一緒に手もよどみなく動き、寿司職人のごとく柵が刺身となっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海鮮丼には海苔を乗っけたいって言ってたのにねぇ(笑

そうそう、細く切った方が美味しいってね(笑

 

 

 

 

 

 

 

誰のことかは存じ上げませんが、とにかく話は盛り上がり、楽しく作業ができているようで何よりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、A様のためのみょうがサラダと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A様のための海鮮丼も配膳し、誕生会スタートです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えーと、今日はA様の誕生日!ということでね、ええ。

好物を用意させていただいたんですけど・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

うん、皆さんもお気づきの通り、A様は朝急用があるからとお休みの連絡がありました。

そうなんです、月曜日だからどうかなーと心配していたんですけど、電話口で私もだいぶ食い下がったんですけど・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ明日か明後日にはいつもどおりやってきてくれることでしょうから、今日の様子は写真に残して、後日A様にみていただければと思います。それでは皆さん、ジョッキを手に取ってください。

 

 

 

 

 

 

 

それではかんぱーい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乾杯にはもちろんコレ。

暑い夏の大正義です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プハー この一杯のために生きてる!

腕によりをかけたのに主賓が不在という鬱憤を晴らすB様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり夏はこれだよね!

ジョッキもキンキンに冷えてておいしそー!

 

 

 

 

 

 

 

男性であるC様がコレを持つとなぜか妙にしっくり来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいのかなぁ昼間っから。無礼講だからいただいちゃおう!

Aさん、いただきまーす!

 

 

 

 

 

 

とノリノリです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あらー じゃあ私も少しだけ。

とあくまで上品にファインダーに収まるD様。

こんなビールのポスターありましたよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁまぁまぁEさん駆けつけ三杯。

ちょっと私は飲めないよ!

と普段からは珍しく若干逃げ腰です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・すみません。さんざん夏のビアホール風景的な見せ方をしてきましたが、じつはこれ、ビールではなくりんごゼリーで作った「なんちゃって生ビール」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ごくごくごくっぷっはー! ではなく、普通にスプーンで頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうです。いくら誕生会とはいえ、昼間からデイサービスで酒を飲んで酔っ払うわけにはいきません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A様が後日来られたら、皆様の飲酒(しているかのような)写真をぜひ見てもらい、当日はこんなに盛り上がったんだよ! と驚かせて差し上げたいと思います。

 

 

 

 

 

 

ついでに、このなんちゃって生ビール、まだ冷蔵庫の中にひとつ、冷やしてあります。

写真と一緒に実物もご本人の目の前に、誕生会のやり直しができれば、と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても今回のブログ、無性にビールが飲みたくなったのは私だけでしょうか。

ひょっとしたらこれをご覧になった皆さんも、私と同じ気持ちを味あわれているのかも知れませんね。

ビールが飲みたくなるデイサービスのブログというのもいかがなものかと反省しつつ、今日のところはこのあたりで店じまいしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それではまた!



この記事へのリンク

五月五日 かつての子どもが、こどもの日を祝います

投稿日:2016年5月9日


ブログをごらんの皆様、こんにちは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もはや暦も5月に入りました。

1日すずらんの日→2日エンピツ記念日→3日憲法記念日→4日みどりの日→5日こどもの日→6日ゴムの日→7日博士の日→8日松の日と、怒涛の記念日ラッシュが続いたゴールデンウィークをみなさまいかがお過ごしでしたでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世間様では毎年この時期、楽しい旅行と苦しい渋滞・混雑を一時に味わうということで、

 

 

 

 

 

浮世の苦楽は壁一重、悲しみと喜びとは交互に相次ぐ、禍福は糾える縄の如し、苦楽は相伴う、苦楽は生涯の道づれ、すべてのメダルには裏がある、楽しみは苦しみの種、上り坂あれば下り坂あり、楽する悪かろう苦をするよかろう、楽は苦の種、苦は楽の種、楽あれば苦あり・・・

 

 

 

 

 

この種の故事、ことわざの類が片っ端から想起される季節として認識されている方も多いことでしょう。

 

 

 

そのような世間の荒波からは身を引き、無関係を決め込む方も多いケアステーション暖のお客様方においては、遠い下界のやっさもっさをテレビ越しに眺めては薄い歓声を上げる日として定着しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、とはいえ、あんまり仙人然として浮世離れが加速しても、社会性の欠如という弊害を伴ってしまいます。

霞を食べて腹が膨れればお金はかからないでしょうが、3食目あたりでうんざりして急ぎマクドナルドあたりに駆け込むのが目に見えています。私ならそうなると断言できます。

心身ともに健康を保つには、ある程度の世俗を身にまとっていたほうが、ベターなのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たとえ面倒を感じても季節ごとの行事をきっちり執り行って、すこしずつ一年を消化していくのは、社会との接点を維持する上でとても大切なことなのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが、こどもの日というデイサービスにいらっしゃるお客様から全くもって正反対の意味を持つ行事であったとしても、せっかくだからしっかり楽しんで行いましょうということで、五月五日のこどもの日にお祝いイベントを開催しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こどもの日なんてもう何十年前にやったかなぁ・・・

などという声が聞こえてきそうな作業風景です。いや実際に聞こえていましたが。

ところで皆さん、春巻きの皮で何かを折っているようですが、いったい何を折っているんですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カブトです。

以前に鶴を折って油で揚げたお飾りを作りましたが、今日はこどもの日ということで、カブトなわけです。

一定年齢以上の男性ならば、幼い頃に新聞紙で折ったカブトを装着し、風呂敷を肩にかけ、そこいら辺に落ちていた良い感じの木の枝を振り回した覚えがあるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

このカブトという造形の素晴らしいところは、カッコいいというだけにとどまりません。

あの機能美は頭を守るだけでなく、料理の際にも大活躍するのですが、それはまた後ほど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポテトをレンチンしたら熱々のところ皮をむきます。単に辛抱が強いのか、それとも長年の主婦業の賜物で耐熱機能が備わっているのか、文字通りの涼しい顔で剥いてます。

隣の看護師さんはビニ手してても熱そうにもかかわらず。

 

 

 

 

皮が剥けたらポテトをマッシュして・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミックスベジタブルを投下して彩を追加。

塩コショウ等で調味すれば出来上がり・・・ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、先ほどあらかじめ折っておいた大量のカブト。

その本来頭が納まるべきスペースに、ポテトを挟んで揚げてしまおうというアイディア料理なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うちの息子は薄情だ。

いやあんたの息子は週一だからたいしたもんだ。

でも医者にしか連れてってくれない。

そのあとレストランでご飯食べてるから十分だ。

うちなんか娘だから厳しい。

野菜やら料理やら持ってきてくれてうらやましいのになにを贅沢な。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

等々、かつての子供に対する寸評・批評をはさみつつ、カブトの狭間にポテトをつめていきます。

なんだかんだ、皆さん愚痴りながらも口元がにやけているのがポイント。

分りやすい自虐風自慢です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろいろな想いも挟まったカブトを、高温でコンガリと揚げていきます。

中身には火が通っているので、焦げ目がつけば出来上がりとなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょうどいい焦げ目がつきました。

色形的に子供が見れば瞬時にテンションゲージがマックス振り切れるかっこよさです。

店頭で見かけたら勢いで買ってしまいますね。3個280円(税込み)ならば。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あまったポテトに野菜を足して、サラダも添えます。

ビタミン、食物繊維の摂取も重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご飯は釜飯です。

全くの余談ですが、暖の100歳を超えるお客様に好物を聞くと、大概「五目飯」と仰います。

昔のご馳走も、今は「モト」をお釜に入れるだけですぐに出来上がるのですから、ずいぶん便利になりました。長生きの甲斐があったとその方もおっしゃっていたものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カブトに五目飯という、メニューの字面を二度見すること請け合いの、こどもの日にふさわしいやんちゃな料理が出来上がりました。

事前情報なしで相対した場合、このカブトは食べていいものか一瞬悩むに違いありません。

案の定、皿を目の前に首をかしげる方もいらっしゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それではみなさん、熱いうちに食べましょう。いただきま・・・

 

 

 

 

 

あの、このカブトは飾り? それとも食べてもいいもの?

 

 

 

 

 

 

 

あぁこのカブトはですね、かくがくしかじか、そういうわけで美味しく食べられます。

 

 

 

 

 

 

 

そうですか。それならよかった。では改めて・・・

 

 

 

 

 

 

「「「いただきまーす」」」

 

 

 

 

 

 

 

最近はこういう料理? こういうのが流行ってるの? 食べるのがもったいないけど、ひとくち。

 

 

 

 

 

外は春巻きの皮だからパリッとしてますね。中のポテトがホクホクで、食べたことないですね。こういう料理は。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中の具を変えれば、メイン料理からデザートまで、なんでもできていいですやね

 

 

 

 

 

 

 

 

春巻きの皮で折り紙を折るなんて発想は、私たちみたいな年寄りからは出てこないね。

 

 

 

 

 

 

 

子どもの斬新なる発想がないとね。まぁこどもの日を私らみたいな高齢者が祝うのには、ぴったりの料理じゃない(笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うん、これを食べたらなにやら子ども時代のように頭の回転が速くなった気がする!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それなら、もう十個も食べれば赤ちゃんに戻れますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやー、ただでさえ怪しい頭なのに、赤ちゃんに戻ったら料理も作れなくなるから、3個で我慢します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、今まで見たことも聞いたことも、もちろん食べたこともなかった料理でしたが、皆様満足いただけたようでした。

若返り効果については、定かではありませんが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おやつも当然作ります。

こどもの日にちなんだものです。

まだこの段階ではごく普通のロールケーキ、ちなみ切れていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左官屋のごとくペッタペッタと生クリームを塗布していきます。

まだまだこの段階でもいまいち何がしたいのか不明です。

遠めでみていたお客様が、ずいぶんデカイちくわだね! と声をかけてきたことからも、それは明らかです。

さすがにちくわはどうかと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薄くカットしたイチゴを、表面に貼り付けていきます。

これくらいになると、だんだん分ってきたのか、あーなるほど、といった感嘆の声が上がり始めました。

うんうん、五月五日にちなんで、こいのぼりを模したケーキを作るというわけですね。

この段階でもすでになかなかのできばえですね。イチゴの光沢がリアルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうだ、先日オヤツを作ったときのバナナが余ってた! もったいないから使いましょう!

 

 

 

 

あぁそれはいいアイディアですねって、えぇー。

あまった生クリームをイチゴの上に重ねるだけでは飽き足らず、その上にバナナお代わり!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、何よりも華美を廃して質実をモットーとされてきた方々です。止めようもありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらでは、あまった材料をさらに一ひねり。

小さい器に果物を盛り付けて、冷蔵庫のサイダーを注ぎ、お手軽フルーツポンチが出来上がりました。

誰も何も言ってないのに、主婦の創作意欲が沸き立ち発露した結果がこれです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かくして、具沢山ロールケーキと、

お手軽フルーツポンチが出来上がったのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

質実剛健。

見た目の華やかさよりも、実を取るその姿勢に、長年を生き抜いてきた人間の強さと強かさをみた想いです。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに肝心のお味につきましては、とてもよろしかったことを付け加えておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁこんな五月五日も実にケアステーション暖らしいということで、ご理解ご納得を頂ければ幸いであります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、先日毎年恒例のゴーヤの苗を植えました。ネットも配備して準備万端です。

ゴーヤ収穫と、様々なアイディア料理を、今年もまたご紹介できればと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それではまた!



この記事へのリンク

米寿を祝う春の誕生会

投稿日:2016年4月3日


 ブログをごらんの皆様、こんにちは。

 

 

 

 

 

 

 

 


春分が過ぎ、この頃は朝夕の寒さも和らいできたのを肌で実感できる、相模原市はケアステーション暖。
だんだんと起床後の着替えも苦にならなくなってきました。

 

 

 

 

 


今年は記録的な暖冬と言われているようですが、しかしいくら暖かい冬とはいえ、冬は冬。基本的に寒いという事実はなんら変わりません。少なくとも個人的には去年の冬と同じくらい寒く感じたものです。

 

 

 

 


その寒い冬もようやく終わりが見えてきました。
卯月に入り桜も満開をむかえ、いよいよ春本番です。

今年ももう三分の一を消化したと言うことで、時の移ろいの早さには驚かされます。

 

 

 

 


さて、先日3月25日は、そんな光陰矢のごとしの集大成のような誕生会イベントの開催日でした。
何せ主賓ときたら

 

 

 

 

 

 

 

「気がついたら88歳になっていた」

 

 

 

 

 

 

 

と言うほど時間感覚を超越した女丈夫です。

 

 

 

 

 

 

 


しかし確かに、10歳のころ想像する25歳の自分ははるか未来という感を覚えたものですが、なってみればあっという間。その間の15年に何があったか、9割以上は忘却のかなたです。

 

 

 

 

 

実感として、気がついたら歳をとっていた、と思うのも当たり前なのかもしれません。

 

 

 

 

 

さて、ケアステーション暖の誕生会イベントといえば、皆様一丸となって料理を作り、おいしく食べて目出度き日を言祝ぎましょう、という流れ。

 

 

 

 

 

 

 

今日のメニューは、

 

 

 

 

 

 

 

 

手羽先炒め煮

 

 

 

 

 

 

 


豆腐とパプリカとシラスサラダ

 

 

 

 

 

 

 

 


サクラエビご飯

 

 

 

 

 

 

 

 

マツタケお吸い物

 

 

 

 

 

 

 

 

 


となっております。
こちらは本日の主賓、25日がまさに米寿の誕生日と言うA様と、そのひとつした、87歳B様の、それぞれの好物をもとに決定したメニュー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A様は豆腐にシラスは至高の組み合わせだと日夜啓蒙活動に余念がありませんし、

 

 

 

 

 

 

 

 

B様は目にいいからと生パプリカを買ってきてはご飯のお供にバリバリ召し上がられるお方です。

 

 

 

 

 

 

 

 

きっとよろこんでいただけるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 


さて、手羽先ですが、まず表面に焼き色がつくまで焼きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一通り焼きあがったら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


いきなり完成。
大根とゆで卵も手羽とともに綺麗なあめ色になりました。

じっくり煮込んだ手羽はトロトロプルプルでコラーゲンの権化のような様子です。

 

 

 

 

いつの間に大根とゆで卵は投入されたのか疑問に思われる向きもあるでしょうが、これこそ時の流れの速さ、移ろいのはかなさを感じるワンシーンと言えますね。ね。
味付けに難航し途中経過を撮影し忘れていたというわけでは、決してございませんとも。ええ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次はサクラエビご飯です。
炊飯器でお米を炊く際に、2合に対し梅干2個、そしてサクラエビと生姜をトッピング。
味付けは、だしのもとに任せれば間違いありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとは炊飯器に委任すれば、上手に仕上げてくれます。
簡単にできて美味しい春メニュー、お勧めです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


最後にサラダ。
赤黄色のパプリカは大変見目麗しく、その鮮やかな色味は多くの野菜と比べてもトップクラスなのではないでしょうか。
とりあえず散らしておけば、なんとなく様になる、おしゃれサラダの救世主。しかもビタミンCが豊富ときています。

 


シラスも栄養面でサラダを強化してくれます。
カルシウムという栄養素を体現したかのようなこの小魚、何せ骨も内臓も丸ごと食べるわけですから、一切の無駄なくシラスのすべてを摂取することになります。
小皿一杯100gも食べれば、一日分のカルシウムを摂取することができると言う、怒りっぽい御仁にはぜひお勧めしたい健康食材です。
まぁ100gというと実際は結構な量になるのですが。

 

 


ジャパニーズTOFU・豆腐と言えば世界に誇る日本の栄養食です。
その栄養成分と効用を列記すれば、誕生会のブログ記事が豆腐の栄養学講座となってしまうほど、その有効成分は多岐にわたります。
血圧やコレステロールを下げ、認知症予防効果も期待され、骨粗しょう症にも効果を発揮するなど、もうこれだけでいいんじゃないかな、と言いたくなるほどの千両役者ぶりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サラダだけ無駄に熱い食材紹介をはさんでしまいました。

ともかく敷いたレタスの上に豆腐をのせ、刻んだパプリカを散らし、シラスをのせれば、意識の高いOLが必ず昼食で追加オーダーしていそうなお洒落サラダが完成しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作ったからには急いで食べるのが礼儀。

迅速に配膳し、電光石火に手を合わせます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・っと。その前に、今日の誕生会の主賓を代表して、今年米寿のA様、一言ご挨拶をお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A様「はいはい、料理が冷めないように一言だけ。

気がつけば88年、あっという間でした。人生短いものです。

この先何年生きられるか分りませんが、暖の職員の皆さん、今日同席されている皆さんのお力も借りて、元気に暮らしていければいいと思います。思い起こせば3年前・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

B様「Aさん、なんだか話がながくなりそうやで!(笑)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A様「おっとっと。あんまり嬉しくてつい舌が回ってしまいそうになりました(笑)。舌はお食事を頂くときに張り切ってまわすとしましょう。それでは皆さん、いただきまーす」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一同「「「いただきます!」」」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長口上が持ち味のA様と軽妙な突込みが身上のB様との軽妙なるやり取りで、お食事会スタートです。

 

 

 

 

 

 

 

 

「手羽がほろほろ崩れてやわらかい! お箸でなぞるだけでお肉が取れますよ」

 

 

 

 

「一回煮た後になべを氷水につけて冷やしてたけど、あれはなんでなの?

 

 

 

 

 

「煮物って一度温度を下げて4,50度くらいにしてあげると、煮汁が具にしみこむんですよ。筑前煮でもそうして作ったほうが味がしみて美味しい煮物ができるんです」

 

 

 

 

「そう、今回それを手羽煮に応用しようって話してたんですよね。うん、大根や卵にも、ちゃんと味が染みてる」

 

 

 

 

「そういえば以前に何かのイベントで聞いたことがあったかもなぁ」

 

 

 

 

 

「サクラエビのご飯はどうですか? ほとんど炊飯器にお任せだったんだけど」

 

 

 

 

 

 

「梅の味はしないものなんですね。ほのかにサクラエビの香りが広がって、春の味って感じですね」

 

 

 

 

「色もほんのりピンクで、目にも美しくて気持ちも華やぐやねー」

 

 

 

 

 

「ほらBさん、いつもかじってるパプリカが入ってるよ。たまにはちゃんと切ってもらったのを食べたら(笑い)」

 

 

 

 

 

「あぁほんまや、なんやこうしてみるとずいぶん洒落とるね。・・・うん食べやすい。今度から切って食べよかな(笑)」

 

 

 

 

 

 

毎度おなじみの賑やかし昼食風景となりました。主賓のお二人も満足していただいたようで、何よりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、祝賀会も恙無く終わり、いつものリハビリメニューをこなして小腹も空いてきたおやつ時。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフ「皆さん、今日は誕生会と言うことで、おやつもスペシャルです。それでは消灯!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薄暗闇のなか、それぞれ8本と7本の蝋燭が立てられたケーキが運ばれてきます。

思わず拍手とともに笑顔がこぼれる皆様。

ケーキを前にしたときのトキメキはいくつになっても変わりません。

 

 

 

 

 

 

 

ハッピーバースデイの歌を合唱し、いっせいに吹き消していただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の主役のお二人には、更に特別に個別でケーキをご用意しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ以上ないほどのスマイルを頂きました!

B様には桜とイチゴのケーキ。B様的に、なんとなくビタミンが入っていそうなものがお好きだろうとチョイスしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「えー、こんなよさそうなのもらってええの? いやー、今日はえらい日やな!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

米寿のA様には抹茶のケーキ。

あまり甘いものは好まないということで、甘さ控えめ。

「誕生日祝ってくれるのなんてココくらい!」

 

 

 

 

 

 

 

とダブルピースで喜びを表されています。

(ちなみにこの日に記載した連絡ノートを後日目にすると、{敬老会のお祝いをしました}の記述部分に赤丸がしてありました。よほど嬉しかったんですね。スタッフも嬉しくなり、余ったスペースに{次は90歳のお祝いですね!}と追加させていただきました)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、いかがでしたでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

季節の料理を作り、食べて、春の訪れを実感した今日の誕生会でしたが、こうやってさまざまな形で季節を感じることは、きっと大事なことなのでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

桜の開花も相俟って、皆様の心にも本格的に春が訪れたようでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また折々のイベントを開催した際には、ブログで皆様にご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それではまた!



この記事へのリンク

今年も恒例、鬼襲来!

投稿日:2016年2月5日


ブログをご覧の皆様、こんにちは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年明けからはや一ヶ月、如月の三日を迎えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二月の三日といえば、もちろん節分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


炒った大豆をばら撒いて邪を祓い幸運を呼び込む、と書くとなんだかよく分かりませんが、とにかく古来からの伝統行事です。

 

 

 

 

 


ケアステーション暖でも例年執り行っているこの行事。

 

 

 

 

 

 

通常は豆を鬼にぶつける日、という認識を当然持たれることでしょうが、スタッフBに限ってはニンゲンに豆をぶつけられる日、という認識が根付いて久しいです。

 

 

自分とはいったい何者なのか、ヒトなのか、実のところモノノケ怪異の類なのか、そんな自問と自答をいやがおうにも喚起させる、自らを見つめなおさせる機会ともなっているのが、スタッフBにとっての節分となっています。

 

 

 

 

 

 

そんな深奥なる悩みはさておいて、今年の節分の様子をお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


イワシです。
なぜイワシなのかといえば、関西では焼いたイワシの頭にヒイラギを突き刺して玄関に飾る慣わしがあり、転じて節分にイワシを食べると厄除けになるとされているからです。

 

 

 

ちなみにイワシの頭とヒイラギがどう鬼退治の役に立つのかといえば、イワシの頭は強烈な臭気で、ヒイラギのとげとげは目を突いて、鬼を退けるといいます。

金棒を振り回し怪力を誇る割には、意外と繊細な一面を持っているんですね。
(しかし、マスクをしサングラスをかけるだけのちょっとした知恵が鬼側にあれば、今頃人類はどうなっていたでしょうか。考えるだに恐ろしいことです)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今日は生姜と梅で煮付ける、「イワシの梅煮」を作ります。

 

 

 

 

 


が困ったことに今日のお客様の中で梅煮を作った方がいません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


とりあえずイワシの臭みが出ないように生姜で煮ておこう、というA様の指示の元、試行錯誤しながら調理していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方、イベント料理として安定した人気を持つ散らし寿司を、A様指導でスタッフが作っていきます。

 

 

 

最近は何でも「モト」があるので、ご飯に混ぜるだけで簡単においしい散らし寿司が出来上がります。

 

 


何でも揃ってて、まったく便利な世の中になったものだ・・・

 

 

モトを駆使した料理を作るたびに感慨深げにつぶやくお客様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


散らし寿司をお椀に入れて半円に盛り、きゅうりや錦糸卵でトッピング。
このあたりはスタッフも慣れたものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梅煮も、作ったことがないとはいえ、その料理概要から長年の経験で味付けを推理し、正解に近いものができたのではないでしょうか。
暖オリジナル梅煮とでもいうべき新料理が完成しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

味噌汁も加えて本日のメニューがすべて完成しました。
早速できたてを頂戴しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梅煮なんて聞いたこともなかったけど、酸味がさわやかで美味しいですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


イワシって匂いが苦手だったけど、大葉と梅の香りでさっぱりしててこれなら食べらます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


あら、魚嫌いでいつも残しているBさんが全部食べてるわね。珍しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

魚は嫌いだけど梅は大好きだから思い切って食べてみたけど、イワシってこうやって料理すると美味しいものなんですね~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


実に数十年ぶりにイワシを食べたというB様、ケアステーション暖特製の梅煮は魚嫌いの方でも美味しく召し上がっていただける一品に仕上がったようです。

 

 

 

 

 

 


見ず知らずの料理もさらりとこなすA様はじめ主婦連の力量は計り知れません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


さて、昼食も終わり、次に豆まきです。
皆様は、鬼と聞いてどのような姿を思い浮かべるでしょうか。

 

 

一般的なイメージとして、赤や青、緑といった派手な原色系のカラーリングをした表皮に、虎革のパンツ。(この虎革パンツにも謂れがあるのですが、ここでは省略します)。

 

 

 


天然パーマも著しい頭髪の間からは角が1,2本生えており、目はギョロっとむかれ口は耳まで裂けている・・・といったところでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

このイメージからひとつ分かるのは、鬼といって想像するのは大体が「男」の鬼だということです。
しかしこれはおかしいのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

女性の鬼がいてもおかしくない。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを思いついたのは何を隠そう前日のこと。
ライオンとて狩はメスの仕事。節分という鬼業界最大の行事に、女鬼が現れるのは、なんら珍しいことではないはずだ。

 

 

 

 

 

 

 

暴走加速した思考はとどまることを知りません。そして・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鬼=赤い衣装
女性=スカート

 

 

 

 

 

 

 

 

という安易な発想の結果が、この有様です。

 

 

 

 

てっきり通常イメージであるところの男鬼が現れるとばかり思っていたお客様。

 

 

いや、それはそのとおりなんだけれど、その衣装の意味なすところは何なのか、なぜミニスカなのか、ちょっとしたパニックが一座に広がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今回もお供にボストンテリアのハナコを連れて推参仕りました。
ハナコはハナコで、なぜか振袖を着ており、この二匹はいったい何なのか、疑問はいっそう深まったことでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「はいみなさん、ちょっといいですか。これからのことをご説明させていただきますが、今日は節分です。
そして、私は鬼です。こっちはお供の犬です。
 もう分かりますね。私が今からお供と一緒に大暴れをしますので、あらかじめ配らせてもらったその豆を使って、私を退治してください。一年に一回の晴れ姿なので、そこのところぜひよろしくお願いします。
 あ、カメラさん。今年は写真大目でお願いします」

 

 

 

まんまテレビの前説のような鬼からの説明が終わり、にわかに凶暴化した鬼がお客様に襲い掛かります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「グァーーーハッハッハ! じゃなかった! オーホッホッホ!」

 

 

 

 

 


女鬼という設定がいまいち固まらないまま本番に臨む、プロ鬼あるまじき失態。
もちろんお客様方の、きつーい制裁が待っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

おにはーそと。おにはーーーそとー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グワー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おにはーそと。おにはーーそとーーー!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


グェー!

 

 

 

 

 

(もはや女鬼設定など彼方に吹っ飛んでいます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


最後は、今年もまだまだお元気です! 暖最高齢、100歳を軽く超えるC様からとどめの一撃が決まり、鬼退治完了。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


もだえ苦しむ主人をさておいて、床に散らばった豆に興味津々のハナコ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様の手に持った豆をエサだと思ったのか、完全に懐柔されています。

 

 

 

 

毎年いわしの頭やヒイラギのトゲトゲにしてやられているのもムベナルかな。
お供の裏切りも毎度念頭から外れてしまうあたり、学習能力がいまひとつ欠落しているのが、どうやら鬼というもののようです。

 

 

 

 

 

そして今年からのサービスとして、鬼★フォトを開始しました。

 

 

 

 

 


これは、鬼と記念写真を撮影することができるという世界初の画期的なサービスです。

 

 

 


数枚紹介させていただきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


しかし皆様、鬼よりもハナコとの撮影を望まれていたような気がしてなりません。
鬼★フォトは今年限りで廃業となりそうです。

 

 

 

 

 

 

一通りのスケジュールも終わり、今年もご苦労様、と最後に握手を求めてくれたニンゲンの女性。

 

 

 

 

ありがとうございます、また来年!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

握手すると見せかけて油断したところをガバっと覆いかぶさります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ギャーと響く悲鳴。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後の最後に一矢報いて満足げな鬼でした。

 

 

 

 

年を追うごとに妙な部分でのグレードアップを遂げている節分ですが、今年はいかがでしたでしょうか。

 

 

 

 

年中行事をこなしていくと、それに伴って季節の移り変わりを実感できますね。

 

 

うるう年の2月が終われば、もう3月。彼岸に入れば、春はもうすぐそこです。

 

 


春分を迎えた今日、暦の上では季節は春となりましたが、まだまだ寒い日が続きます。
皆様もお体にはお気をつけください。

 

 

 

 


それではまた!



この記事へのリンク

新年明けましておめで鯛

投稿日:2016年1月21日


ブログをごらんの皆様、あけましておめでとうございます。

 

 

 

 

 

旧年中はひとかたならぬご厚誼を賜りましてありがとうございました。

本年もなにとぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、お正月気分もすっかり抜けきった大寒の今日。

遠く関西の知人の方(もっとも現在は関東在住ですが)から、お正月のお祝いの品が届きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その方は遠く関西からはるばるわざわざ出てこられ、社長はじめ、ケアステーション暖スタッフとも長年懇意にされているのですが、常識外の高身長で混雑時の待ち合わせにもすぐ発見しやすく、関西方面特有のノリの良さから新年会などの会合に際しては必ず一人は用意しておきたい、とてもナイスなガイです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな方からの新年のお祝い品、期待するなというほうが難しいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、開・封!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・さすが関西人! 期待を裏切りません!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デイサービスが送り先ということで、食べ物系贈答品の可能性は確かに高いでしょうが、しかしそこに多分な駄洒落的成分を含んだ「おめで鯛」(これが正式な商品名です)を実際に購入し送りつけてくるあたり、お笑い大国の面目躍如といっても過言ではないでしょう。

当代もって三代目、渋谷生まれの江戸っ子の私としては、素直に賞賛を送らざるを得ません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、新年のお祝いが届きましたよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遠方からはるばる届いた贈答品を(実際は新百合ヶ丘のお店発ですが)社長が両手に掲げて参上すると、座っていたお客様方も思わず立ち上がり、なんだなんだと大注目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしこの「おめで鯛」、大きさもさることながらその厚みも尋常ではありません。

手に持つとずしりと重みを感じ、中身がギューと詰まっていることを語ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見た目のインパクト、鮮烈にして強烈。

暖にある中でも一番大きな皿からはみ出してしまう巨大さは、じゃあ何に乗せたらいいんだと頭を抱えてしまうほど。

そして味の想像が大変しづらいです。

ギューと詰まったその内容物はいったい何なのか。

見ていてもナゾは深まるばかりなので、記念撮影が終わった後は早々に解体したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さぁ切り分けるぞと包丁を持ったスタッフの手が、一瞬とまりました。

どこから手をつけたものか、とっかかりが掴めなかったのでしょう。

気を取り直して尻尾から切り離すことにしたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後は滞りなく解体が進み、小皿に取り分けてお客様の下に配膳します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尻尾とひれを頂くA様。

パイ皮につつまれた内容物は繊細かつ上品な甘さを湛え、口中で蕩けるように広がります。

もう時刻は夕餉前にさしかかるというのに、そんなことはおくびにも出さず、別バラを免罪符に食べ進める姿はさながら求道者。

 

 

 

 

 

 

 

 

あらー 上品なお味! これは栗かしらねー

アーモンドの香りとパイ皮のサクサク感が合わさって、今まで食べたことがない感覚!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グルメリポーターのような的確なレポートを毎回必ず挟んでくださる、文章書にとってありがたい方でもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一個しかない目玉をムシャムシャほお張って得意げなB様です。

 

 

 

 

 

魚は目玉がうまいんだよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

そうそう! 目玉は甘辛く煮てやるとトロッとした歯ざわりかつ濃厚な味が楽しめ・・・っていやいや。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

贈答主の彼の人のごとく、ノリツッコミの声が方々から挙がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほかのかたがたも飲み物片手にパクパク召し上がっています。

 

 

 

 

こりゃーうまいなぁ

 

 

 

見た目も味もスゴイですよね。いやいい意味で。

 

 

 

ボリュームもすごいから、今夜は夕飯食べないでいいわ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鮮やかなるインパクトの外観に、上品なアーモンドクリームと栗の渋皮煮を内包したイカした奴、「おめで鯛」。

 

 

 

 

お客様の中には、これはどこで買えるのかと、自分へのプレゼント用に購入を検討される方も出てくるほど、ハートをがっちりキャッチしたようでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

考えてみればこの「おめで鯛」。

 

 

 

 

奇抜な格好で衆目の目を引き、確かな実力を発揮して聴衆を笑いの坩堝に落とすお笑い芸人と,その本質が同じだということに気づかされます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、一見奇抜に見えた今回の新年のお祝いには、実はそんな深い意味が隠されていたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

見た目も実力も兼ね備えたデイサービスになってくださいね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長年の朋友である彼の人からの贈り物には、そんなメッセージがこめられているような気がしてなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで新年一発目は大変縁起の良い贈答品のお話でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様も興味がありましたら一度手にとってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

送り先のハートをがっちりわしづかみにすること、請け合いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それではまた!



この記事へのリンク

年忘れ大忘年会!

投稿日:2015年12月23日


ブログをご覧の皆様こんにちは。

 

 

 

 

 

 

 

暑さ寒さも彼岸まで、などといっていた敬老会イベントの紹介記事から早幾年月。

 

 

 

 

 

 

妙に暖かい初冬を越え、いよいよここ相模原市も本格的な冬の寒さを迎えようとしています。

 

 

 

 

 

 

昨年の今頃も、一昨年も、更にその前も、同じことを感じ、またこのブログに書いていたかと思いますが、やはり「1年過ぎるのはあっという間」というフレーズを使わずにいられません。

 

 

 

 

 

 

 

日々顔を合わせるお客様と、

 

 

 

 

先月お正月を迎えたばかりだと思ったのに!

 

そうそう、今年は特に時間が立つのが早かった!

 

 

 

 

 

 

とお約束の言葉を交わすのも12月の風物詩です。

 

 

 

 

 

 

 

さて今日は忘年会。

みなさま1年おつかれさまでしたということで、敬老会などと並んで例年盛大に執り行われているこの催しですが、今年も全力を傾注させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

例年通り美味しい料理で英気を養い、旧年の疲れを祓って元気に新年を元気に迎えられるよう、お祝い料理を多数用意させて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とはいえ、世界で一番おいしいのは自分で作ったごはん、がモットーの主婦連。

全部が全部もてなし料理で自分たちがタッチしないとなると尻が落ち着かん、ということで、サラダの作成と鍋物に入れる具材カットをお願いしました。

これにて適度に体も動き腹も空いてくるという一石二鳥です。

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはかぼちゃのサラダを作ります。

かぼちゃは硬いもの、と相場は決まっていますがお客様曰く、万物においては刃を入れる目というものが必ずあるそうで、そこさえ的確に狙えばダイヤモンドですら一撃で粉砕することが可能とのこと。

 

サラダを作るのになぜダイヤを粉砕する話に・・・? そんな疑問も軽い一振りで真っ二つになるかぼちゃを目の前にしては些細なことでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

同じ机では鍋に入れるシメジを分解するA様。

葱を切るB様。

ダイコンを切るC様。

そしてダイヤ・・・ もといかぼちゃを切り分けていくD様と、四者四様に調理が進みます。

 

 

 

 

 

 

 

そしてこちらは黙々と四天王が切り分けた野菜を仕上げ断裁するE様。

元々厨房で働いていたこともある彼女、仕事が速い上に繊細・的確です。

 

例えば白滝。

鍋に入れる前に熱湯を回しがけすると臭みが取れて一味違うとのことで、スタッフはもちろん初耳です。

 

 

そもそも白滝にそんなに明確な味があるとも思っていませんでした。

魚やネギをすくうついでにお玉の箸に引っかかったから仕方なく取り皿に入れるもの、と白滝を作る業者さんに大変失礼な認識をしていた自分を恥じたいと思います。

 

 

 

 

 

 

さて今回鍋に入れる材料の紹介をしたいと思います。まずは

 

 

 

 

 

 

 

 

海老ですね。生でも食べられる刺身用を、今回は贅沢にも使います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはカニとホタテ。こちらも生で食べられる刺身用。

 

 

 

 

 

 

 

 

他、タラ、白菜、長ネギ、白滝、豆腐。鍋の定番、スタンダードな構成でいきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かぼちゃサラダ作りはいよいよ佳境。

薄切りにしたかぼちゃを軽く茹で、マッシュしまっしゅ。

 

 

 

※本当にまったくの余談で読み飛ばして頂きたいのですが、オジサンと呼ばれる年齢に差し掛かると、あれほど若いときにイラっときた「親父ギャグ」というやつが意に反して口をついて出てくるようになり・・・ いやむしろ積極的に考案して発表したい衝動にかられている自分に機がつき、自身の変節っぷりに驚愕しているこの頃です。

マッシュしまっしゅ、って、若い頃聞いたら絶対口走ったオヤジさんにイラッとしたんだろうなぁ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

かぼちゃとスライスオニオンをあわせ、サニーレタスを敷いた上に盛り付けて、サラダの完成です。色の取り合わせが、一輪の花のようでとても美しいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次にいよいよ、毎年恒例のお祝い料理にご登場いただきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

定番のお寿司。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカンなサイズのピザ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ローストチキン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここに巨大な土鍋とサラダが加わります。

机が二つあるので、上記メニューも二つずつ用意しております。

これにて本日のメニューが揃いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空腹時に目の前に食べ物を置かれ、それに耐えるということは非常な忍耐力を要します。

急いで管理者より乾杯の音頭をとってもらわなければなりません。心臓に負担がかかっては大変です。

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさま今年も1年有難うございました。

また来年も今日のメンバー全員揃ってお祝いが出来るよう、お体に気をつけて。頑張って健康でいきましょう。

それでは、乾杯!

 

「「「乾杯!!」」」

 

 

 

いや~1年おつかれさまでした

 

 

 

お隣同士で紙コップをあわせ、この一年の労を互いにねぎらいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてねぎらいもそこそこに、目前にしたご馳走に挑みかかるのです。いざ。

 

 

 

 

 

 

 

さて、やはり一番人気はお寿司。

みなさま思い思いに皿に取り分けては胃の腑に納めていきます。

 

 

わたし少食だからお寿司は4皿くらいしか食べられないの。

そんな過去の発言はなかったことにして、食べます。

 

 

 

 

 

 

 

鍋はおつゆのかわりに。

海産物ときのこなど野菜の旨みが大量に溶け込んだスープはホッと息をつきたくなるような優しい味わい。

これでラーメン作ったら美味しいだろうなぁ、とはラーメン大好きF様。

カニやタラはもちろんですが、今日はホタテが大人気でした。

刺身で食べられるホタテ、煮過ぎるともったいないと後のほうに鍋に入れたのが奏功したようで、レア状態の貝の甘みがグッド!

みなさまどんどんホタテおかわりをしていました。ホタテおかわり、って耳慣れないですね。

 

 

 

お寿司でひとごとちついたあとにおつゆ飲んだらまた食欲出てきた!

 

 

 

ということで、まずあっという間にお寿司がなくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次はローストチキン。

 

 

 

スタッフがナイフと手で解体し、骨付きのところを行儀悪くガブっとかじりついてもらいます。

脂ののったモモ肉はもちろん、さっぱり淡白な胸肉にもしっかりと味が染み込んでいますが、香ばしく焼きあがった表面の皮がいちばん美味しい! とチキンもあっという間に骨と皮だけ・・・ もとい骨だけになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様で作ったサラダは箸やすめにぴったりです。

かぼちゃの甘みとタマネギの適度な辛さが相俟って後を引きます。

チキンで脂っこくなった口の中を洗い流してさっぱりさせてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、最後にいまいちスタートダッシュに失敗した感のあるピザ。

 

 

 

料理も粗方平らげられたこの時点で半分以上のこっており、しかもアメリカサイズのピザは一切れが普通の日本のピザの1,5倍くらいもあります。

 

いくらなんでもこれだけの料理を納めたあと、腹の中にはいるのかいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁこのブログをご覧の皆様はもちろんこの後の展開がお分かりでしょうから結論から書きますが、入りました。

 

そう、世に「別バラ」という便利な言葉があるのです。

 

 

 

 

 

 

 

ピザは別バラよ、と文字通り腑に落ちない理屈でもって箱の中の巨大ピザが描く円がどんどん形を崩していきます。

 

どれだけ信じがたくとも、目の前のリアルこそが真実。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かくして今年のお祝い料理も無事に完食していただくことができました。

食べるということは、人が生きる基本。来年もきっと皆様健康であられることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、テーブルの上も片付き、お茶を飲んで一息ついた頃、各自にカードが配られます。

1~70までの数字が5×5マスにランダムに配置されたカード。おなじみのビンゴゲームであります。

 

今年もまたスタッフBが扮装した上で司会進行を勤めさせていただきますが、一言いいたいことがある、と彼から今回コメントをあずかってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「こんにちは。スタッフBです。私は、扮装するたびに常々思っていました。この格好は一体何だろう、と。

そんな自問をしてきたのですがもちろん自答できるはずもなく、「なんだか分からないもの」に毎回成っていました。

今回は違います。自ら立案し衣装も選び、これぞ忘年会という扮装を、晴れてお客様に披露することができたのではないかと思います。どうぞご覧下さい」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、時期的にも鉄板のサンタクロースです。

確かに今まではそのときそのとき、時節にあった扮装かといえば、決してそうとはいえず、言うとおりなんだかよく分からないものが完成していました。

 

自前のインナーを下に着込むことで、本来露わになるはずの肩や二の腕をカバー。

色っぽさの中にも気品を感じさせる今回の扮装。

バンプアップした僧帽筋で男らしさも加味されています。

 

 

 

 

 

 

 

なぜにレディースものなのか、が気にかかりますが、今更でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年この登場の瞬間の盛り上がりたるや相当なものがあります。

ある人は悲鳴をあげ、ある人は大笑い、またある人は口をぽかんとあけて茫然自失。

 

日常生活では決して味わえないような非日常の刺激的体験を提供するという意味において、非常に効果的なのではないでしょうか。旅行先や遊園地でワクワクしてテンションが上がるのと同様に、内なる力を喚起させるのです。

そう、実はケア的な意味においても必要にして十分な根拠があったのですね。若干苦しいですが。

 

 

 

 

トイレから出てきたC様とはちあわせ。

完全に腰が引けています。

恐らくスタッフBが発散する、気品を湛えつつ、しかしどうしてもにじみ出てしまう色気に、圧倒されたのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世にマッチョツアーという、筋骨隆々の男と触れ合えるバスツアーがあるそうですが、何歳になっても女性はマッチョに触りたくなるサガがあるようです。

 

 

「おなかはぶよぶよね^^」

 

 

 

 

来年に期待ということで・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ひとしきり堪能したところで本題のビンゴです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

28ば~ん

 

 

 

 

 

 

31ば~ん

 

 

 

 

 

 

 

59ば~ん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あった! あと一個でリーチ!

 

 

 

 

 

 

 

ぜんぜんこない! 次12番たのむよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

(スタッフBのスカートをめくりながら)パンツはぜんぜん色っぽくないわ!

 

 

 

 

 

 

 

 

ロードバイク(自転車)用の無骨な下着なのでスカートはめくらないで下さ~い!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大騒ぎのビンゴゲームはすすみ、いよいよ最初のビンゴが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

H様ビンゴ!

洗って使えるキッチンペーパー! 技術の進歩を感じますね! そして記念撮影!

「いや~! 顔近づけるな~(;^ω^A」

すごい喜んでますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

I様ビンゴ!

ポインセチアの鉢植えです! あと記念撮影!

「このあと婚姻届を出しにいきましょう」

ノリのいいI様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

J様もビンゴ!

こういうのをなんと言うのか、ひざかけ!?でしょうか! 一緒にくるまれて記念撮影しましょう!

「あああ 若い人がくっついてくれて、体の芯が暑くなってきたわ!」

まだかろうじて若いともいえなくもないスタッフBの体温で温まってください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

K様ビンゴ! あらこちらダンディーで素適なお方!

いきなり襲い掛かってきた化物スタッフBにも余裕の対応、笑顔で手を振って応じてくださいました!

「誰かに抱きつかれたのなんか久しぶりですよ(笑)」

 

すいません私で!

 

 

 

 

 

 

 

 

N様大当たり!

よく温熱機で足や体を温めているN様には、暖かい靴下セット!

「うわ~ これが私にとって一番嬉しいわぁ~」

くじ運ですね! ついでに私がくっついて温めさせて下さい!

「それはえぇわ(笑い)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

M様ビンゴ!

「待ってたわよ~」

と賞品はほっといて抱きつくM様です。

よっしゃ、胸に飛び込んでこい! と包容力を発揮するスタッフB。

ちなみに愛の抱擁が終わったあとM様真っ赤になってました。いつもしとやかなのに勇気を出してくださったんですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

L様もビンゴ!

あめちゃんとチョコレートで糖分を等分に補ってください!当分の間はこれでOKですね!

「えぇ? 私は耳とおいんだから聞こえんよ!」

ぁ、さようでしたね・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラスト、O様ビンゴ!

あめちゃんチョコレートをどうぞ!

「えーっ、ほんとにーっ!? うわー嬉しい!」

そ、そんなに喜んでもらうと、ちょっとどうしていいのやら。

せめてサービスします! チュッ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビンゴが終わった後も、豪華賞品がかかるじゃんけん大会が突如催され、こちらも大変に盛り上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして最後はケーキを頂きながら、ケアステーション暖の1年を振り返るスライド上映。

 

 

 

 

 

 

 

そういえばこんなこともやりましたね。

 

 

 

 

 

 

あの時はまだ私の髪も黒いところが残ってたのね・・・

 

 

 

 

あ、ほら、書初めで「良い男モトム」ってあなたが書いたんでしょ。

 

 

 

 

 

節分のときは、また例の鬼がやってきましたね。

 

 

 

 

 

あっさりやられて帰っていきましたね。彼。

 

 

 

 

 

キュウリは採れすぎて食べるのがおっつかないくらいだったね。

 

 

 

 

 

ナスやゴーヤ炒めて食べましたね。美味しかったわ。

 

 

 

 

 

 

土用丑の日は鰻もご馳走になって。

 

 

 

 

 

なんかたべてばっかりですね。思い返すと(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

100歳越えのQさんも、あの人は食べてるから今も元気なんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちも、来年になっても頑張って食べて、Qさんみたいに元気に長生きしないとね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケアステーション暖の食の1年を振り返ったスライド上映も終わり、改めて食べることの大切さを実感し、来年の健啖ぶりを誓ったお客様一同でした。

 

 

 

 

 

 

 

さて、通常ブログの倍以上という長丁場になってしまいましたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケアステーション暖も開設から時がたち、あの頃は大元気だったお客様も、大から中元気ないし中から小元気くらいまで活力が減退、いわゆる老化現象に見舞われている方も少なくありません。(それでもご高齢で元気を維持されているのですから、大変素晴らしい事だと思います)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなお客様方には、来年も季節折々の行事を通じて、美味しい料理を食べたり、非日常の刺激を楽しんだりしていただいて、ぜひとも小から中、中から大と活力を取り戻していただければ、と思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今から来年に向けてスタッフ一同、新たな行事の構想やバンプアップに勤しみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

異常な暖冬が続いています。

寒暖差激しい、体に応える気候ですが、ブログをご覧下さった皆様もどうぞご自愛いただければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年1年お付き合いいただき有難うございました。

また来年もよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

良いお年を!



この記事へのリンク

今年も敬老会の季節が訪れました

投稿日:2015年9月23日


ブログをご覧の皆様、こんにちは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時節毎に感じることではありますが、時の流れとは早いものですね。

春夏秋冬も半ばを越え、今では青く高い秋空が広がっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は秋分。

春分と同じく、昼と夜の長さが等分になる日です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、暑さ寒さも彼岸まで、と言いますが、ここでいう彼岸とは、今日秋分の日前後の3日間のことです。

 

 

 

 

ひとまず今日をもって暑さにさようならをし、安心して長袖を箪笥にしまいこんでしまっても、いいのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

もっとも近年の熱波の前に油断は禁物ですが、昔の知恵である節気も考慮に入れて明日の自分の服装を決定するのも、オツなものではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、この時期、介護業界にとっての一大イベントである敬老の日があります。

 

 

 

 

 

「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことがその主旨のこの日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

敬老の日に執り行うイベントといえば、美味しいご飯に楽しい余興といったところで、もちろんそこは外せません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何事も基本をおろそかにしてはならず、奇をてらってばかりいては本質を見誤ってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本に忠実、スタンダードな祝賀行事ということで、今年のケアステーション暖も美味しい料理に楽しい余興という例年の流れを踏襲することになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただしお寿司を注文してもくもくと食べるだけでは、文字通り食い足りません。

今年は異国の友人が増えたと喜んでいたお客様が、彼女のために改めて中華料理に挑戦したいと仰っていたので、酢豚と麻婆豆腐を作りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

14人前の酢豚と麻婆豆腐。

材料も膨大です。

主婦連といえども、このような人数の調理を一時にこなしたことはないのでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

と思っていたら、町内会のお弁当つくりで、2人がかりで50人前弁当を作った、とのこと。

豪華客船に搭乗した気持ちで、安心して任せられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも材料の一部。

豚肉の塊は計1,2キロ。

ひき肉も700グラム超。

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、たくさんの肉を見るとわくわくするのは原初の記憶でしょうか。

遠いご先祖様は、大変な苦労を払いマンモスやらナウマンゾウを打ち倒し、晴れて大きな塊肉を前に羽化登仙の心境に至っていたかと思うと、スーパーで買ってきたお肉でワクワクするのも申し訳ないような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

石器の変わりに鉄器である包丁で、塊肉を一口大の角切りに切り分けていくA様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

切り分けた各個を包丁で軽くたたき、味が染みこみ易いよう加工してから、塩コショウ、卵をまぶして20分ほどおきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく味がしみこんだところで、高温の油で一気にカラッと揚げていきます。

四方がこんがりキツネ色になればOK!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは麻婆豆腐。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてこちらが麻婆豆腐班のメンバーとなります。

右からB様、C様、D様、そしてE様。一応のリーダーは今立ち上がってお玉を持つB様でしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本来深さのないホットプレートで麻婆豆腐など水分が多い料理を作るのは難しいのですが(鍋を振って全体を混ぜることが難しい為)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこをマーボー班、数の力で解決です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我先に麻婆豆腐のモトを投入するメンバーたち。

チームワークがどうのという小難しいことは、ここでは必要ありません。

必要なのは手際だけ。純粋な料理力だけが、ここでは試されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かなりそれっぽくなってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あらかじめ電子レンジでチンしておいた絹ごし豆腐を投下。

レンチンすることで味が染みやすくなるそうで、

石器時代はおろか、清王朝の宮廷料理人も知らない主婦の豆知識です。

 

 

 

 

 

 

 

 

揚げ豚肉が山と重なる光景。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ここで再び酢豚です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あらかじめ刻んでおいた野菜を軽くいためます。

ちなみに、にんじんなどの火の通りづらい食材は、予め湯通しすることで、炒めた段階での火の通りを均一にすることができます。

今回はレンチンしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある程度火が通ったら揚げ豚肉が加わります。

仕上げに、近代の英知の結晶である酢豚の「モト」を投入して調味。

安心と信頼の、大手メーカー製です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

豆腐を入れてからひと煮立ちさせて、こちらも完成です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正月料理には「にらみ鯛」といった、箸をつけてはならないというとんでもない料理もあるにはありますが、基本的に出来上がりをすぐに食べるのが最良。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真がピンボケするほどの高速で配膳します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、一通りの配膳が終わったところで、おめでたい席には必須のお祝い料理、お寿司が追加されました。

どうやらお客様方も少しばかりあてにしていたようで、満を持しての登場にヤンヤの歓声が挙がりました。

※なお、寿司に別途料金は発生しません。どうぞ安心してお召し上がり下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

酢豚を作り終えてヤレヤレ一息ついていたA様。

この際ですので、乾杯の音頭をとっていただきましょう。

 

 

今日は敬老の日ということで、

このような立派な席を設けていただいて私たちは幸せものです。

みなさん、これからももっとスタッフのみなさんに甘えて、ずっと幸せに長生きしていきましょう、

乾杯!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

麻婆豆腐は少し辛いんだけど、この辛さがクセになって、

からい食べ物が苦手な私でもおかわりしちゃいそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

酢豚の豚肉、大きいんだけど柔らかくて、下味もしっかりついてて、本格的!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野菜もそれぞれ火の通りがギリギリで、ちょうどいいのが地味にスゴイね!

さすがAさんだね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやぁ、昔散々作ってたんだけど、今日やってみたらあらかた忘れてて(笑

箱の裏のレシピとにらめっこしながら作ったのよ(笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

麻婆豆腐は、賑やかやったなぁ。

おしくらまんじゅうみたいに大騒ぎだったから大丈夫かいなと思ったけど、ちゃんと美味しいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやいや、あれはEさんが横から手を出してきて大騒ぎになったのよ。ほらEさん、おなか大きいから・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうそう、横から圧迫されて苦しかった。ってEさん、魚苦手だからって稲荷寿司全部食べないで! 玉子もあるから食べて!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あー、ちょっとちょっと、コーラおかわりちょうだい!

・・・はいありがとう。って、これ醤油じゃないのよー(笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たいそう賑やかに過ぎていく昼食。

女三人寄ればかしましい、などといいますが、10人以上もいらっしゃればこのような大騒ぎの食事風景もムベナルカナ、であります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、食後のコーヒーブレイク後。

満を持して各自に「いつもの」が配られます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、ビンゴです。

敬老の日には必ず毎年執り行われている、ケアステーション暖では恒例の余興。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしその賞品は主婦感覚に強く働きかけるラインナップ、折り込み広告の激安品を見定めるときのように、カードを見る目が鋭く光ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは参ります。

88番・・・ 末広がり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2番・・・ シヤギリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

18番・・・ おはこ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12番・・・ クイーン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

将棋中継のように、粛々と数字が読み上げられていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてまた、読み上げられる数字が重なるにつれて、現場の緊張感もいや増していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして遂にその瞬間は訪れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Fさん、ビンゴ!

さすがに年の功か、90も後半の後半、皆様のお姉さん的存在のF様が、一等賞であるボックスティッシュを手中に納めました。

 

 

 

この強運、いざというときの引きの強さには、一同納得です。

 

 

 

 

 

 

 

 

続いてG様がビンゴ!

日ごろから夕方開催のチンチロリンで無双を誇るG様。

やはり男性は勝負事には強い、ということを印象付けるビンゴでした。

景品はお口クチュクチュする例の液体歯磨き。

これもまた、何となく男性向けです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてこれからはビンゴラッシュ。

ひとつ数字を読み上げるたびにビンゴの声が方々から挙がります。

 

 

 

 

最年長、明治生まれのH様もビンゴ達成!

鷹揚に右手を掲げてポーズをとってくださいました。

肝心の景品は、消臭スプレー!

明治の頃に存在していれば、すわ魔法か妖術か。

魔法のような効果のお役立ち日用品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Iさまもビンゴ!

ハンケチーフをゲット!

腐らんもんやし、新しいものは気持ちいからありがたいわ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

J様も同時にビンゴ!

ご希望により、景品はマスク!

それも、女性がつけるのにうってつけ、お洒落なカラーマスクです。

喉が弱いからありがたいわ、いつもこれと同じのを買ってるの、とJ様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

酢豚作成に尽力いただいたA様もビンゴ!

袋の中身は、金魚の形の可愛いポーチ!

乙女心が刺激され、目じりが下がるA様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後、マーボー・リーダーのB様ビンゴ!

キャンディー詰め合わせをゲットされ、ゲットしたそばから袋から取り出してボリボリ噛み砕いておられました。

 

 

 

 

 

おー、甘い。

 

 

 

 

 

 

ごくごくシンプルな感想のB様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、いかがでしたでしょうか。

 

 

 

 

 

 

今年も恙なく敬老の日をお祝いすることができたことを、お客様方に感謝したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も残すところあと3ヶ月。

残りのイベントについて、早速敬老会イベント後からご意見が殺到。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋の味覚を楽しみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

冬は鍋物なんかどうでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリスマスはケーキを作りましょうか!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから先のイベント、今からあれこれ考えて、早くも期待に胸膨らませている皆様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちスタッフも、今からあれこれ考えて、お客様が期待する以上のイベントを開催したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ちなみに毎年珍妙なふん装でビンゴを司会していたスタッフBはというと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

散髪失敗により、人前に出られず、写真撮影に徹していたのでした。

どんな失敗だ・・・と強く思ったのは言うまでもありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オチのためだけに失敗カットを披露したスタッフBに励ましのメッセージを!

(この後、いつもの丸坊主にして事なきを得たそうです。髪型もスタンダードが一番というお話。おあとが宜しいようで)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それではまた!



この記事へのリンク

栗ご飯で秋を先取り!

投稿日:2015年9月7日


ブログをご覧の皆様、こんにちは。

 

 

 

 

 

 

 

 

節気も立秋を軽く越え、処暑を経て今日7日は遂に白露。

 

 

 

 

 

 

 

それを越えれば秋分と、もはや名実共に秋の様相を呈してきたここ相模原のケアステーション暖。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時折思い出したかのように蒸し暑さがぶり返してきますが、もはやそれは去る夏の最後のあがき。

 

季節の流れの前では健気な抵抗というヤツです。

 

 

こうなると現金なもので、あの酷暑が何か懐かしく思い返されるばかりか、あまつさえ惜しみすらするのもまた、例年通りの人の営みなのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の夏もまた、色々なことがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年の終わりの忘年会

 

 

以前に忘年会で作ったチャンチャン焼き。

暑い夏に北海道料理で暑気払いと、完全に思いつき先行の企画でしたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何より見た目のインパクトが絶大なのがこの料理。

 

 

 

 

 

酷暑の折、食欲が落ち気味なお客様もいらっしゃいましたが、目で楽しめるこのチャンチャン焼きは意外と暑気払い用のスタミナ料理として有用なことが判明しました。

 

 

 

 

 

 

夏のチャンチャンということで、底一面にゴーヤが敷き詰められているのも重要なポイントでした。

 

縁の下の力持ちならぬゴーヤたちが、北海道料理を南国テイストにしてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年もケアステーション暖前のプランターではゴーヤが豊作でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

その成長速度は相変わらずマッハ。

強烈きわまる太陽光線を一身に受け、昨日と今日では明らかに大きさが違うのがハッキリとわかるほどでした。

 

 

 

 

採り尽くしても翌週には再び収穫ができる点も素晴らしく、土と水と太陽の光から、このような緑色のボツボツの塊がどんどんできるとはたいしたものだと、光合成というシステムの偉大さに感心するとともに、そのご相伴に、今年の夏もあずかった形となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏といえば、祭り。

 

 

 

 

橋本では七夕祭りが全国的にも有名ですが、町内会の祭りも、毎年大層盛り上がっております。

特に毎年お客様方が楽しみにしているのが、ケアステーション暖の前を通る子ども神輿です。

 

祭囃子の音が遠くから段々と近づいてくるのは、いつ聴いてもワクワクするものです。

 

 

 

 

ほら! 近づいてきたよ!

 

 

 

と皆様に急かされて外に出てみれば、グッドタイミング。

 

 

 

 

普段お淑やかな方も、賑やかな方はより元気に

ワッショイワッショイとみんなで声をはりあげれば、一同かついでもないのに汗だくです。

 

 

 

 

今年の夏もこれで終わりだね。

 

 

 

安堵したような、でもちょっと残念なような、複雑な声が挙がったものです。

こうして今年の夏も去り、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見てください、いよいよ秋になりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

秋といえば、栗。

 

 

 

 

 

この栗、言わずと知れた弊社社長が前日のうちに栗拾いで得てきたもの。

 

 

 

 

 

なんでもそこの農園の新記録、1人で16キロを採集したそうで、これが大食いチャレンジなら賞金プラス栗の木に記念写真が張り出されることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意外にも痛むのが早いのが栗。

新鮮なうちに皮を剥いて料理してしまうのが最良です。

今回作るのは、もちろん栗料理の定番、栗ご飯となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大粒なため、半分にしてからお釜に投入。

そして・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

炊き上がり! (この画像は高画質でお楽しみ下さい)

 

 

 

 

 

 

この30分前から室内には食欲の秋を象徴する馥郁たる香気が充溢しており、

夏バテから完全に食欲回復した皆様の、ご飯コールが賑やかでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「今日は早くご飯にしましょうか?」

 

 

 

 

 

 

 

とさりげなさを装う方や、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「もう9割炊けたでしょ! おなか空いたからもう食べちゃおう!」

 

 

 

 

 

 

と、まだ炊き上がっていないのにそれを承知で早飯を主張する方。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「・・・・・・」

 

 

 

 

 

腕を組み目を閉じ、ひたすら時間が経つのを待つ方。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

などなど、味覚の大部分を占める嗅覚をダイレクトアタックされてはたまりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、ねぇ。これですよ。これ。

辛抱たまらなくなるのも無理はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、昼食開始のお時間を5分ほど早め、栗ご飯の炊き上がりと同時に配膳。

いただきますの声も揃わぬうちから早速箸をつけ始める皆様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「栗がホクホク! おかず要らない!」

 

 

 

 

 

「今年初めての栗ですよ。そういえば、スイカも鰻も、暖で初物頂くことが多いですよね」

 

 

 

 

 

「私もそう。家にいちゃ季節の食べ物なんてあまり意識して食べないけど、ここに来てれば夏には夏の、秋には秋の旬が出てくるからありがたいやね」

 

 

 

 

 

 

「となると、これから別の秋初物に期待ですね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

栗ご飯を召し上がりながら、早くも次の旬の食材に目を、もとい胃袋を向けている皆様。

 

 

 

 

 

 

去り往く夏が残していった若干の食欲倦怠も、秋の味覚の急先鋒、栗ご飯によって遂に完全復活したようです。

 

 

 

 

 

 

さて、短い秋も過ぎればいよいよ今度は寒さも厳しい冬が訪れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

秋のうちに美味しい栄養を沢山体に取り込んで、夏と同様、冬にも負けず元気に過ごして頂きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個人的には、毎年恒例のサンマの炭火焼が今から楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それではまた!



この記事へのリンク

料理は見た目が9割!? 清涼&スタミナメニュー!

投稿日:2015年8月2日


ブログをご覧の皆様、こんにちは。

 

 

 

 

 

 

異常熱波が日本全土を覆っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おっとととっ、あまりの暑さに私もキーボードをたたく手もつい止まりがちです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

辛抱することにかけては折り紙つきのお客様の中からも、昼の暑さにやられ、夜は蒸し暑く眠れず、と夏に対する怨嗟の声が続々と聞こえてくるほど、今年の夏の始まりは、容赦がありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもはイベントなどで料理を作ったあとに体操を行い、カラオケで熱唱したと思えば脳トレに勤しみつつ、サイコロを振って博徒にもなるなど、いったいどこにそんな元気がしまってあるんだろう、とスタッフが首をひねるほどの活気を見せるお客様方ですが、このところは数名からチラホラと「自分夏バテですから」発言が聞かれてきました。

 

 

 

 

 

 

あくまで自己申告なのですが、しかしこれは由々しき事態です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

丁度いい具合にケアステーション暖の農園では夏野菜が巨大化しています。

人間を苦しめる炎天も、植物にとっては成長の原動力、であるならば、太陽のエネルギーを身に蓄えた野菜を食べることで、今年の夏を乗り切ろう!

 

 

 

 

 

 

 

 

平たく言えば、まずはスタミナがつく料理を食べないと、どんどんへばってしまうから最初に作って早いうちに食べよう!

 

 

 

 

 

 

 

 

そして偶然にも今日は8月生まれのA様の誕生日でもあるので、誕生会も一緒に行おう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

様々に理由付けをしましたが、兎にも角にも、夏を乗り切るための料理をつくることにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さしあたり、今日の料理で使う分はこれくらいです。

 

 

 

 

 

 

ナスは農園で、ゴーヤはケアステーション暖の前においてあるプランターからの収穫です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このほかにも、巨大キュウリや超長ナス、ミニトマト沢山、などなど収穫祭を行いたいくらいの恵みを得ました。

 

 

 

 

それら野菜のご登場はまたいずれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お店ではあまり見かけない白ゴーヤです。

ウドのように日陰で育てたからこんな色になったわけではなく、こういう品種で昔からあったそう。

しかし緑が濃いほうが何となく栄養があるよなぁ・・・と思うのが人の常らしく、白ゴーヤのほうがビタミンCが多いという論文もあるのですが、結局見た目が鮮やかなみどりの品種ばかりが流通するようになったとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、白いゴーヤの一番の利点は、好きな人は大好き、嫌いな人はもちろん大嫌いな、あの特有の苦味が薄いということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様の中にも、ここに来て初めてゴーヤを食べたという方も少なくありませんが、その苦味から敬遠する方も、確かにいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、通常のゴーヤのほかにも、苦手な方にも美味しく食べていただき、皆で夏を乗り切ろう! と今年は白ゴーヤもプランター栽培の一員に入れたのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なすです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・暑さにやられたのでしょう、普通に間違えました、ピーマンでしたすみません。

 

 

 

 

 

気を取り直して、唐辛子の一種であるピーマン。

 

 

 

 

 

 

ナスと並んで悪口に使われる野菜トップ3に入る(嘘です)この野菜ですが、ご高齢者に嬉しい、高血圧や動脈硬化に効果が期待でき、その上女性に嬉しい美肌効果、更には風邪予防までしてくれる憎いやつ。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして夏バテ防止の最重要要素、疲労回復効果まで持っており、中世の錬金術師・パラケルススが用いたという万能の霊薬、エリクサー並みの薬効ではありませんか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野菜という狭い枠の中に収めるのは、彼の器は大きすぎると判じざるを得ません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピーマ・・・ ナスデス。

 

 

 

 

 

 

 

 

このナスとて、ピーマンと並び悪口に使われる野菜の上位陣(重ねて言いますが冗談です)ではあるものの、やはり栄養価はたか・・・くもないみたいですねどうやら。

 

しかししかし、ピーマンにはない成分を含み、

 

 

 

 

 

ウム、やはりここの部分についてはナス君、きみにだけにしか任せられないな、

 

 

 

 

 

と上司に頼られるような無二の存在でもあります。

 

 

 

 

 

 

 

具体的には、惑星のような名前の「コリン」という機能成分は血圧を下げたりしてくれますし、

 

 

 

 

 

 

 

プロテアーゼインヒビターという舌をかみそうな成分は、炎症を沈め、痔を良くしてくれるという、名前の割に地味ながらも、絶大な効果を発揮するようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけで、コリンやらプロテアーゼインヒビター、エリクサー等々が多数含有された炒め物が出来上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

などと書くとものすごい栄養滋養があって一口食べたら元気100倍! どころか不老不死も約束されそうな印象です。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、やっぱりと言いましょうか、夏野菜を沢山含むこの料理を食べてからと言うもの、心なしか皆様お元気になられたように思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

あれだけ夏バテ夏バテ言っていたA様も、ナスの栄養成分暗記という脳トレにチャレンジして、見事成功したことからも、その効果は明らかではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏野菜も食べ元気が出てきたケアステーション暖ですが、スタミナ補給ばかりではいずれ夏の暑さにしてやられてしまうことでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、日を改め、今度は暑いさなかに「涼」を感じるための料理を作りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロテアーゼインヒビター!

 

 

 

 

 

先日覚えたナスの栄養成分を復唱しながら、ごぼうをスライサーでカットします。

 

 

 

 

 

 

 

 

最近握力が衰えてプロテアーゼインヒビター

 

 

 

 

 

 

包丁持つのも容易じゃないのよプロテアーゼインヒビター

 

 

 

 

 

 

ちょっとBちゃん、なんで笑ってるのよプロテアーゼインヒビター!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう完全に覚えたでしょうから、普通にしゃべってもらって大丈夫だと思いますよプロテアーゼインヒビター!

 

 

 

 

 

 

 

いつもは元気、そうじゃないときも空元気。のB様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一仕事終えた後、珍しく休憩タイムです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家にいると暑くて暑くて・・・ ちょっと夏バテ気味なのよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

珍しいこともあるものだ・・・ とスタッフ一同。

しかし、弱音を吐いていたと思ったらすぐさま立ち上がり、たちまちの内に豚汁をつくってくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつまでもタラタラやっちゃいらんないわよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とはB様談ですが、もはや涼とか必要としないくらい強く、夏ごときにはハナっから負けないような気がしないでもありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フライパンに油を投入、2,30秒熱したところで、プランター栽培の謹製ゴーヤ(緑)を一個だけ投入し、火の加減を伺います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オッケーb

 

 

 

 

 

 

すばやい動きでゴーヤに火を入れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてここからがB様の真骨頂。

 

 

 

この前のお好み焼きの際に余っていたサクラエビを加えると、特有の香気が広がります。

 

 

 

 

 

香りが出たところで卵を入れてやって、うまみも一緒に閉じ込めるのよ、と解説しながらの調理は、間近で3分間クッキングを見物しているかのようです。

 

 

 

 

 

さて、今日のメインですが、素麺です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言ってもただの素麺ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

いや、素麺自体は普通なのですが、それを彩る器に、ちょっと凝ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、皆様おつかれさまでした。

素麺も茹で上がりましたので早速いただきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あら~ 新しいガラスの器を買ったのね~

 

 

 

 

 

 

あらほんと、涼しげな器だこと。

 

 

 

 

 

 

 

素麺にはピッタリね~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と思い思いに手にとるお客様一同。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

瞬間、方々からカラスが首を絞められたかのような、ギャーという悲鳴があがります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こ、この器・・・ ガラスじゃないわ!

 

 

 

 

 

 

 

冷たい! こっ、氷なの!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、今回は涼を感じていただく為に氷の器に素麺を盛り付けてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらが今日のメニューとなります。

 

 

 

○農園謹製の野菜がたっぷり入った豚汁

 

 

○暖の目の前で取れたゴーヤを使った、芳ばしいスタミナ炒め物

 

 

そして、

○冷製そうめん~氷の器で~

 

 

 

 

 

 

ちなみに素麺はおかわり自由。ちょっとゆですぎました。

そして上にのっている大葉も暖でつい先ほど採ったもの、今流行の地産地消というやつです。

 

 

 

 

 

 

 

 

98年生きてきて、こんな素麺初めて!

 

 

 

 

 

ねぇー、なにか楽しいですよね、食べていて。

 

 

 

 

 

 

みなさま料理の中身より器で盛り上がっていますが、それはそうでしょう、これはインパクトありますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

おかわりは器ごと運ばれ、アイスクリームよろしく上部にドッキングします。

クリスタルのシャンデリアに盛って食べているようなビジュアルは非常に豪勢かつ新鮮です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なによりこの器の利点は、素麺を全方位から冷やし続けながら食べられるという点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私も通常の素麺を食べているときに常々感じていましたが、氷が乗っかっている麺の一部分だけが冷たく、その他の大部分が生ぬるいという具合で、レンジ温め失敗した弁当を食べているような奇妙な不快感。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、この氷の器でご相伴にあずかったスタッフB、全体が満遍なく冷やされた素麺は

 

 

 

 

 

 

「清☆涼!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

の一言。

全体の温度が変わるだけで全く違う食べ物になったみたいで、今までにない素麺体験となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の料理、豚汁もゴーヤの炒め物も美味しかったのですが、素麺のビジュアルインパクトが大きすぎて、皆様素麺の話題一色でした。

 

 

 

 

 

 

 

今まではそれこそ千変万化、創意工夫を凝らし多彩な料理をこしらえてきたものですが、器を工夫することでまた新しい料理の地平が顔をのぞかせた今回のイベントとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしそれももっとも、食事の際に感じる美味しさのうち、味覚はたった一パーセントに過ぎず、9割は視覚によって決まると言います。

 

 

 

 

 

 

 

ためしに目をつぶってダイコンとにんじんの細切りを口に入れても、どちらがどちらかほとんどわからなくなると言います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず~い料理も見た目がよければある程度美味しく食べられるというのはちょっと言いすぎでしょうが、ただでさえ美味しい料理の見た目も美しければ100%美味しいということになります。

 

 

 

 

 

 

今後は料理を彩る器や盛り合わせにも気を使ってみようと新たな境地を開拓した主婦連と、御付のスタッフ一同でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからまた暑い日が続く予報。

 

 

 

 

 

 

 

暑さに負けず今夏を乗り切るために、また涼味満点のイベントを開催したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それではまた!



この記事へのリンク