ひな祭りに向けて(おりがみ陶芸)

投稿日:2012年1月19日


みなさんこんにちは。

 

本日午前中のことです。

 

女性のお客様、A様より次のようなお話がありました。

「もうそろそろひな祭りですよね。みんなでおりがみ陶芸で雛人形を作って、飾りつけたらとっても綺麗なんじゃないかしら」

 

…なるほど確かに!

どうして考えつかなかったのか不思議なくらい真っ当なアイディアですが、言われるまではなかなか思いつかないものです。

 

いや流石。

 

さっそくこのアイディアをいただき、明日にはほかのお客様にも向けてご提案させていただきたいと思います。

 

さらに続けて午後。

新聞を見ながら時事問題についてああだこうだと皆様で語り合っていたとき。

 

「新聞を見るために老眼鏡を持ってこようといつも思っているんだけど、決まって家を出るときには忘れてしまうのよね…」

 

 「そうそう、俺もカラオケの字幕が見えにくいからメガネを持ってこようと思ってたんだ。毎回毎回、家を出たあとに気がつくんだよなぁ。今だって言われて初めて思い出したよ」

 

そこでまた、アイディアがとめどなく頭脳の泉から溢らるること甚だしいAさんから、提言が飛び出します。

 

 「だったらおりがみ陶芸でメガネ置きを作ってここに置いておいて、持ってきたメガネをそこに置いておくようにすれば忘れないんじゃないかしら」

 

…なるほど確かに(二回目)!

 

皆さま自宅では新聞を取っていない方も多く、ましてやカラオケ大会など開催している方は皆無でしょう。

 

暖に置いておければ、忘れることはなくなります。

 

 さっそくメガネおきの折り方をネットで検索すると、果たしていくつものサイトがヒットしました。

 

さきほどのひな人形とあわせて、みなさまにご提案させていただければと思います。

Aさん、本日はとても素晴らしいアイディアを頂き、ありがとうございました!

 

作品が完成しましたら、またこのブログでご報告させていただきたいと思います。

 

 ご期待下さい。



この記事へのリンク

新サービスのご提案

投稿日:2012年1月15日


みなさんこんにちは。

 

今冬一番の冷え込み、が連日続いていますがお元気でしょうか。

 

さて、これまでにもご紹介させていただいたように、ケアステーション暖ではお客様に「従来の自分」を取りもどすお手伝いをさせていただくために、様々なサービスを行なっています。

 

おりがみ陶芸では、例えば今度のひな祭りに向けて、雛人形のお内裏様の折り方をご自宅で研究中の方がいらっしゃいます。

 

この方は以前陶芸が趣味でしたが、体調悪化から趣味を続けることを諦めておられました。

 

 そこでこのおりがみ陶芸を提案させていただき、最初にお雛様を作成しました。

 

完成した作品はなかなかの出来栄えでしたが、ご本人には不満の出来だったようで、次のお内裏様作成に際しては万全を期すため、自宅に帰ると折り紙を使い、折り方を研究されているそうです。

 

ただデイサービスに来て漠然と一日をやりすごすのではなく、ひな祭りに作品を完成させると目標を定め、失敗がないように事前に自宅で練習を行うという生活上の「はり」ができ最近生き生きしている、とご家族も喜んでくださいました。

 

また前回もご紹介したフィールドを使うことで、以前のような話ずきな自分を取り戻された方もいらっしゃいます。

 

このように、これまでの支援により、生活に目標ができたり、従来の自分の一部を取り戻されたりと、お客様のお役に、ほんの少しでも立てたのなら、これ以上の喜びはありません。

 

ですが、やはりその方の不自由さはその方にしかわかりません。

片麻痺なら片麻痺。

寝たきりなら寝たきり。

 

例え同じ片麻痺の方でも、ひとりひとりそれぞれが抱えている問題はまた千差万別です。

 

Aさんは麻痺側の足の甲が痛いのが悩みなのかもしれないし、Bさんは手がうまく動かないことを一番悩ましく思っているのかもしれません。

 

「この人は片麻痺だからこういう対応」

「寝たきりだからこういう対応」云々。

 介護歴が長くなればなるほど、この種のお客様をパターンに当てはめてしまう思考をしがちになってしまいます。

 

しかしこれこそが介護者の墓場であると常日頃から自戒していきたいと思います。

 

さて、今現在気になることは、お客様の体の痛みの訴えです。

みなさまいくら「年の割に元気」とはいえそこはご高齢です。

涼しい顔をしながらも、肩や腰、その他方々の痛みと日頃戦っておられます。

 

そんな方々へ向けてなにかデイサービスとしてできることはないか。

そう考えた結果、このたび「あん摩マッサージ指圧師」をスタッフの一人として招き入れることになりました。

 

病院や街のマッサージ店に行っても治療時間はたった20分。

それならケアステーション暖をご利用いただき、その時間中の好きな時に好きなだけ専属マッサージ師からあん摩をしてもらったほうがいいんではなかろうか。

 

そう考えたのです。

ベテランのあん摩マッサージ指圧師がみなさまのお越しをお待ちしております。

 

是非一度お越しください。

 

また料金は無料ですので、本当にお気軽にどうぞ!



この記事へのリンク

たくさんの花(おりがみ陶芸)

投稿日:2011年12月12日


皆さんこんにちは。

 

 前回の更新より少し間が空きましたがお元気でしたでしょうか?

更新がない間も、ケアステーション暖ではおりがみ陶芸の体験教室を開催していました。

 

 毎回たくさんの方々にご参加いただき、リピーターの方もはじめての方も、一所懸命にご自分の作品に力を注がれていました。

 

 それらの力作の数々も、いずれこのブログでご紹介させていただきたいと思います。

 

今回ご紹介するのは「花」です。

いえただの花ではありません。

 「たくさんの花」です。

 

お客様の一人が、「花は一輪でも美しく輝くけれど、たくさんの花々が一所に集まった時の華々しさもまた格別に美しい。

 

おりがみ陶芸でたくさんの花を作ってみたい」とご希望されました。

 

今まで花を折られるお客様は多くいらっしゃいましたが、みなさまご自宅にお持ち帰りになり飾るため、一箇所におりがみ陶芸の「花」を並べてみたことは、確かにありませんでした。

 

はじめての試みということで、私たちスタッフもわくわくしながらお手伝いさせていただき、焼成、ニス塗りなどの各工程を経て、ついに今日完成しました。

 

それでは以下で早速紹介させていただきたいと思います。

P100082q7.JPGP10008q6.JPG

いかがでしょうか。

 

 一輪一輪別々に眺めるのとはまた違った感動、美しさが感じられるかと思います。



この記事へのリンク

おりがみ陶芸作品集

投稿日:2011年11月16日


こんばんは 先日のおりがみ陶芸教室の作品集です まず、

一番人気の孔雀鶴

 012.JPG

 

 

023.JPG 

そして兜(カブト)

 

 013.JPG

 

飛行機

 015.JPG

 

 

この飛行機はシンプルなものを作りたいと初めておりがみ陶芸を体験された方の作品です。

とても存在感のある飛行機になりました。

 

 

最後にお雛様とお内裏様

 010.JPG

 

 

003.JPG

 

 

005.JPG 

 

このお雛様とお内裏様は同じ折り方でも大きさや形が違い作った方の個性が出ていてとても素敵な作品になりました。

 

 

デイサービス利用のお客様にも人気で今度はこのお雛様を作りたいと折り方を練習されています。

 

 

また、出来上がりましたらご報告させていただきます。



この記事へのリンク

先日のおりがみ陶芸作品集

投稿日:2011年11月7日


こんばんは おりがみ陶芸教室に参加された方の作品集です。

 

 はじめての参加の方はこの孔雀鶴を作られる方が多くたくさんの鶴が出来上がりました。

 

そして和紙柄のバラです。

今回は参加者が多く窯を2回にわけ焼き上げています。

 

 まずは出来上がった作品からご案内します。

032.JPG

 

029.JPG

 

025.JPG

 

023.JPG 

 

037.JPG

 

 今回は失敗したと残念そうにお帰りになった方もいらっしゃいましたが焼きあがった作品をみるとその出来に喜んでいただけると思います。

 

作品をお渡しするのが楽しみです。

また、本日デイサービスをご利用のお客様もバラを作られました。現在乾燥中です。

 出来上がりましたらまた、ブログにてご報告させていただきます。



この記事へのリンク

二つのバラ (おりがみ陶芸)

投稿日:2011年11月5日


こんばんは。

 

今回は新しく作った二つのバラをご紹介させていただきます。

 

元々は青と白の陶芸用紙で作成したバラですが、焼成後に絵の具で着色しラメで飾りつけをしました。

 P1000680.JPG

こちらは青地に白をのせ、健気さと上品さを全面にアピール。

 

青色バラの花ことばが「奇跡」や「神の祝福」 白色バラの花ことばが「尊敬」で、

まさにピッタリです。

 

 

 P1000682.JPG

 こちらは白地に赤を飾り、明るさと可愛さ、情熱を表現。 赤色バラの花ことばが「情熱」「愛情」「貞節」。

 

恋のお守りにうってつけ このように、焼き上がりの後にも様々な工夫を凝らす余地があります。

 

 例えば「鶴」という折り紙を折ったとしても、作る人それぞれの個性で全くの別物になります。

 

みなさまも、ケアステーション暖で開催している体験教室を通じて、是非一度おりがみ陶芸を体験していただければと存じます。

 

さて、本日もケアステーション暖ではおりがみ陶芸体験教室を開催させていただき、過去最高の13名という多くの方々にご参加いただきました。

 

参加してくださった皆様、本日はありがとうございました。

 

今回が初参加の方も多数いらっしゃいましたが、過去の体験教室に参加され、おりがみ陶芸を気に入っていただき、本日も足を運んでくださったリピーターの方も、また多くご参加いただきました。

 

「前回は孔雀鶴だったから、今回はアヤメをおろうと思います」 と慣れた手つきで折られていたのが印象的でした。

 

11月の土曜日には毎回開催していますので、興味をもたれましたらお気軽にご連絡ください。

 

詳しくは八福のホームページから、「折り紙陶芸体験教室のご案内」のパンフレットをご覧ください。 みなさまのお越しをお待ち申し上げております。



この記事へのリンク

おりがみ陶芸、新しい作品

投稿日:2011年10月27日


こんばんは 先日のおりがみ陶芸教室にてたくさんの作品が出来上がりケアステーション暖の陶芸棚にはお客様にお届け待ちの作品が並んでおります。

 

今回もいろいろな形、種類の作品が出来上がり、今まで暖にて作ったことのない作品も出来上がりましたので画像をアップします。

 

まずは、犬

 004.JPG

 

006.JPG

 

 

バラ

 008.JPG

 

初挑戦の作品に関しては形がきれいに焼けているか不安もありつつ、窯を開けるのが楽しみでした。

 

今回のお客様の作品も全て成功し、既に取りに来られた方もその出来栄えに喜んでおられました。

 

このおりがみ陶芸がご近所でも広まりつつあり、お友達の紹介などで体験される方が増えてきております。

 

 何か始めるきっかけ、楽しみの一つ、そしてリハビリ、また誰かに作ってプレゼントする生きがいとして今後もおりがみ陶芸教室の参加、またデイサービスのご利用者をお待ちしております。



この記事へのリンク

おばあちゃんからお孫さんへのおりがみ陶芸プレゼント

投稿日:2011年10月19日


こんばんは。

 

今日は先日おりがみ陶芸教室に来られたお客様で孫にプレゼントしたいということでお雛様を作られ焼きあがりました。

 

完成品がこちらです。

062.JPG 

綺麗に仕上がり、手作りのプレゼントとしてお孫様もきっと喜んで下さると思います。

 

また暖では、ひと足早くクリスマスツリーを作ってみました。

これは今までの作品のなかで一番焼き上がりに形がしっかり残っているか不安でしたが、なかなかきれいに出来上がりました。 画像はこちらです。

 

 056.JPG

 

その他にも本日ご見学のお客様におりがみ陶芸を体験していただきました。

 

作品は鶴を折り、焼き上がりを楽しみにされお帰りになりました。

 今週の土、日にもおりがみ陶芸体験教室を行いますのでまた沢山の個性ある作品が出来上がることを楽しみにしております。



この記事へのリンク

陶器のウサギ

投稿日:2011年10月14日


こんばんは 今日は、先日ご見学にいらっしゃったケアマネジャー様に作成していただいたうさぎが完成しお届けに伺いました。

 

こちらが完成品です。

 

 P1000586.JPG

素敵な仕上がりに喜んでいただけました このおりがみ陶芸を通しておりがみを折っている時の集中力、そして手先を動かすリハビリ、窯で焼いている時の焼き上がりを待つ楽しみ、完成品を他の方に見せる喜び等、いろいろな過程で楽しめます。

 

高齢者の方にも是非体験していただきたいです



この記事へのリンク

おりがみ陶芸体験(作品集)

投稿日:2011年10月12日


本日でおりがみ陶芸教室の作品が全て焼きあがりました。

 

皆様初心者とは思えない位の素敵な作品ができあがりお渡しするのが楽しみです。

 是非皆様にも見ていただきたく作品を添付します。

P1000538.JPG

 

P1000574.JPG

 

P1000573.JPG

 

P1000569.JPG

 

P1000559.JPG

 

P1000542.JPG

 

P1000541.JPG

 

P1000532.JPG

 

P1000567.JPG

 

このように同じ鶴をおっても1つとして同じ形にはなりません。

その方の個性が出ます。 また、この中には80歳代のお客様も作品もございます。 作品を取りにこられたお客様は自分にもまだこんなことが出来るんだ、家族、友達に自慢しようと言われ、喜びを1つ提供できたことが今回のおりがみ陶芸教室を開催して良かったと思いました。

 

10月22日、23日にも開催致しますので興味のあるかたは是非、ご参加お待ちしております。



この記事へのリンク